医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

向精神薬がわかる!使える!答えられる! 改訂第2版【電子版】

Q&A付き

吉尾 隆 (著)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-22794-5
電子版発売日
2019/12/23
ページ数
232ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-524-24865-0
印刷版発行年月
2019/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「降圧薬と抗うつ薬は一緒に服用しても大丈夫?」そんな向精神薬に関する疑問に答える好評書。糖尿病や高血圧、腎機能障害などを合併している場合の薬の使い方をさらに充実させ、注意すべき相互作用、具体的な処方例まで解説。うつ病や双極性障害にも使われるようになった抗精神病薬もカバーし、向精神薬をざっくり知りたい方、精神科を専門としない医師、薬剤師、看護師にお勧めの一冊。

目次

【内容目次】
はじめに
抗うつ薬
 抗うつ薬とは
 抗うつ薬の特徴
  三環系抗うつ薬
  四環系抗うつ薬
  トリアゾロピリジン系抗うつ薬
  ベンザミド系薬
  選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
  セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
  ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)
 安心して抗うつ薬を使うには
  うつ病性障害(うつ状態とうつ病)とは
  抗うつ薬の使い方
  抗うつ薬を安全に服用するために
 身体疾患を合併している場合
  糖尿病の患者に使用する
  高血圧症の患者に使用する
  心筋梗塞の患者に使用する
  肥満・脂質異常症の患者に使用する
  脳血管障害の患者に使用する
  認知症の患者に使用する
  パーキンソン病の患者に使用する
  がん患者に使用する
  胃炎・胃潰瘍の患者に使用する
  肝機能障害の患者に使用する
  腎機能障害の患者に使用する
  風邪の患者に使用する
  終末期の患者に使用する
 高齢者,小児,妊婦・授乳婦に抗うつ薬をどう使うか
  高齢者への使い方
  小児への使い方
  妊婦・授乳婦への使い方
気分安定薬
 気分安定薬とは
 気分安定薬の特徴
  抗躁薬
  抗てんかん薬
 安心して気分安定薬を使うには
  双極性障害とは
  気分安定薬の使い方
  気分安定薬を安全に服用するために
 身体疾患を合併している場合
  糖尿病の患者に使用する
  高血圧症・心筋梗塞の患者に使用する
  肥満・脂質異常症の患者に使用する
  脳血管障害の患者に使用する
  認知症の患者に使用する
  パーキンソン病の患者に使用する
  がん患者に使用する
  胃炎・胃潰瘍患者に使用する
  肝機能障害の患者に使用する
  腎機能障害の患者に使用する
  風邪の患者に使用する
  終末期の患者に使用する
 高齢者,小児,妊婦・授乳婦に気分安定薬をどう使うか
  高齢者への使い方
  小児への使い方
  妊婦・授乳婦への使い方
抗不安薬
 抗不安薬とは
 抗不安薬の特徴
  ベンゾジアゼピン系抗不安薬
  アザピロン誘導体(セロトニン1A受容体作動薬)
 安心して抗不安薬を使うには
  神経症性障害と心身症とは
  ベンゾジアゼピン系抗不安薬の使い方
  抗不安薬を安全に服用するために
 身体疾患を合併している場合
  糖尿病の患者に使用する
  高血圧症・心筋梗塞の患者に使用する
  肥満・脂質異常症の患者に使用する
  脳血管障害・認知症の患者に使用する
  パーキンソン病の患者に使用する
  がん患者に使用する
  胃炎・胃潰瘍の患者に使用する
  肝機能障害の患者に使用する
  腎機能障害の患者に使用する
  風邪の患者に使用する
  終末期の患者に使用する
 高齢者,小児,妊婦・授乳婦に抗不安薬をどう使うか
  高齢者への使い方
  小児への使い方
  妊婦・授乳婦への使い方
睡眠薬
 睡眠薬とは
 睡眠薬の特徴
  ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  バルビツール酸系睡眠薬
  非バルビツール酸系睡眠薬
  メラトニン受容体作動薬
  オレキシン受容体拮抗薬
  その他の睡眠薬
 安心して睡眠薬を使うには
  不眠とは
  睡眠薬の使い方
  睡眠薬を安全に服用するために
 身体疾患を合併している場合
  糖尿病の患者に使用する
  高血圧症・心筋梗塞の患者に使用する
  肥満・脂質異常症の患者に使用する
  脳血管障害・認知症の患者に使用する
  パーキンソン病の患者に使用する
  がん患者に使用する
  胃炎・胃潰瘍の患者に使用する
  肝機能障害の患者に使用する
  腎機能障害の患者に使用する
  風邪の患者に使用する
  終末期の患者に使用する
 高齢者,小児,妊婦・授乳婦に睡眠薬をどう使うか
  高齢者への使い方
  小児への使い方
  妊婦・授乳婦への使い方
抗精神病薬
 抗精神病薬とは
 抗精神病薬の特徴
  第1世代(定型)抗精神病薬
  第2世代(非定型)抗精神病薬
   セロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)
   多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)
   ドパミン受容体部分作動薬(DPA,DSS)
 安心して抗精神病薬を使うには
  統合失調症とは
  抗精神病薬の使い方
  抗精神病薬を安全に服用するために(投与の注意点)
 身体疾患を合併している場合
  糖尿病の患者に使用する
  高血圧症の患者に使用する
  心筋梗塞の患者に使用する
  肥満・脂質異常症の患者に使用する
  脳血管障害の患者に使用する
  認知症の患者に使用する
  パーキンソン病の患者に使用する
  がん患者に使用する
  胃炎・胃潰瘍の患者に使用する
  肝機能障害の患者に使用する
  腎機能障害の患者に使用する
  風邪の患者に使用する
  終末期の患者に使用する
 高齢者,小児,妊婦・授乳婦に抗精神病薬をどう使うか
  高齢者への使い方
  小児への使い方
  妊婦・授乳婦への使い方
薬剤が引き起こす精神症状
 抑うつ症状を引き起こす薬剤
  循環器用薬
  ヒスタミンH2受容体拮抗薬
  副腎皮質ステロイド
  非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)
  インターフェロン
 不眠を引き起こす薬剤
  カフェイン
  副腎皮質ステロイド
  気管支拡張薬
  抗がん剤
  甲状腺ホルモン製剤
  降圧薬
 幻覚・妄想を引き起こす薬剤
  ヒスタミンH2受容体拮抗薬
  抗結核薬
  抗パーキンソン病薬
  副腎皮質ステロイド
  循環器用薬
  抗真菌薬
  漢方製剤
  抗生物質
  インターフェロン
 認知症様症状を引き起こす薬剤
  抗コリン薬
  抗パーキンソン病薬
  脳循環・代謝改善薬
  消化器用薬
  抗がん剤
  循環器用薬
  抗ヒスタミン薬
  抗ヘルペスウイルス薬
  副腎皮質ステロイド,NSAIDs
Q&A
 抗うつ薬に関するQ&A
 気分安定薬に関するQ&A
 抗不安薬・睡眠薬に関するQ&A
 抗精神病薬に関するQ&A
 その他のQ&A
索引