医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

もっとよくわかる!医療ビッグデータ【電子版】

オミックス、リアルワールドデータ、AI医療・創薬

田中 博 (著)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/04/20
ページ数
254ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,500 (本体¥5,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2204-7
印刷版発行年月
2020/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

がん遺伝子パネルが保険収載され,精密医療への流れが加速しています.医療におけるビッグデータとAIを活用して精密医療の実現をめざす基礎研究者,医師,製薬・ヘルスケア業界の方のための本邦初のテキスト!

目次

はじめに

1章 医学・生命科学におけるビッグデータ時代
1.医学・医療におけるビッグデータとは
2.新しいタイプの医療ビッグデータと従来型との違い
3.医療ビックデータがもたらす医療パラダイムの変革

2章 米国におけるゲノム医療の展開
1.ゲノム医療の始まり
2.ゲノム医療の臨床実装の開始―次世代シークエンサーのインパクト
3.ゲノム医療の国家的推進―医療ビッグデータ時代の到来
4.電子カルテから取り出す臨床表現型情報
5.精密医療が描く医療

3章 欧州におけるバイオバンクと疾患データベース
1.欧州型のゲノム医療の実現
2.大規模前向きポピュレーション準拠型バイオバンクの確立
3.バイオバンクの概念と疾患バイオバンク
4.ビッグデータ時代の医学研究・臨床試験
5.欧州におけるゲノム臨床医療への対策

4章 人工知能・ディープラーニングと医療
1.医療ビッグデータからの革新的知識の発見
2.人工知能の概念と発展
3.ディープラーニングの革命性
4.ディープラーニングのその他の方式

5章 AI医療とAI創薬,デジタル医療
1.ディープラーニングの医療への応用
2.生命情報ビッグデータと人工知能による創薬・DR
3.デジタル医療へ向けて

索引