医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

がん免疫ペディア【電子版】

腫瘍免疫学・がん免疫療法の全てをまるごと理解!

吉村 清 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/03/11
ページ数
223ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,930 (本体¥6,300+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2119-4
印刷版発行年月
2022/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

複雑な分子・細胞の名称から臨床現場レベルまで,腫瘍免疫学・がん免疫療法の幅広い領域を1冊でカバー!多忙な臨床医,研究者でも思い立ったらすぐ引ける,豊富なイラストですぐわかる,「見えるキーワード事典」.

目次

臨床編
1章 がん免疫療法
1.アデノウイルスによる腫瘍溶解療法
2.単純ヘルペスウイルスによる腫瘍溶解療法
3.その他のウイルスによる腫瘍溶解療法
4.免疫チェックポイント阻害剤1(抗PD-1抗体)
5.免疫チェックポイント阻害剤2(抗PD-L1抗体)

2章 がん種とがん免疫療法
1.乳がんと免疫療法
2.消化器がんと免疫療法
3.肺がんと免疫療法
4.メラノーマに対する免疫療法
5.頭頸部がんと免疫療法
6.産婦人科領域におけるがん免疫療法
3章 治療効果の評価,診断1.免疫関連有害事象
2.免疫療法におけるpseudoprogressionとhyperprogressive disease
3.RECISTとiRECIST
4.アブスコパル効果
5.バイオマーカー

4章 産業としてのがん免疫療法
1.細胞免疫療法における細胞培養加工施設とその関連法規・運用
2.がん免疫療法と医療経済
3.がん免疫療法におけるトランスレーショナルリサーチ
4.免疫療法と用量設定

基礎編
1章 がん免疫応答と腫瘍抗原
1.がん免疫サイクル
2.T細胞受容体
3.サイトカイン
4.免疫記憶
5.STING

2章 がん微小環境
1.腫瘍関連マクロファージ
2.MDSC(骨髄由来抑制細胞)
3.がんとNKT細胞
4.がん免疫におけるNK細胞
5.がん幹細胞

3章 がん免疫とゲノム
1.TCRレパトアと免疫ゲノミクス
2.人工知能とがん免疫
3.ドライバー遺伝子変異とパッセンジャー遺伝子変異
4.Tumor mutation burden(TMB)
5.マイクロサテライト不安定性
4章 免疫抑制機構と免疫逃避機構
1.がん免疫編集
2.免疫チェックポイントとT細胞疲弊
3.がん免疫とオートファジー
4.メトホルミンのがん治療への応用
5.HMGB1

5章 代謝とがん免疫
1.T細胞におけるグルタミン代謝活性化機構
2.制御性T細胞と代謝
3.T細胞老化,疲弊とがん免疫
4.メチオニンのがん免疫へのかかわり
5.IDOと免疫