医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

投球障害 予防&治療プラクティカルガイド【電子版】

メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に

筒井 廣明(編集) 山口 光國(編集) 千葉 慎一 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/06/22
ページ数
272ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,150 (本体¥6,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1876-1
印刷版発行年月
2020/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
94 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

医療者(メディカルスタッフ)は野球現場の実際にそれほど詳しくなく,野球指導者(スキルコーチ,コンディショニングコーチ)は医学的知識が十分ではない。このギャップの橋渡しを目的に,投球障害にかかわる職種それぞれの知識・技術を,シンプルにかつポイントを押さえ,わかりやすい図や言い回しで解説。
後副題に示すように,Medical(医学的知識),Skill(投球動作の技術),Conditioning(体のケア,トレーニング,栄養学まで含めたコンディショニング全般)の三本柱で構成。

目次

Part Ⅰ Prologue
 1 投球障害における現状の問題とその解決のために  筒井廣明
  はじめに
  投球障害を取り巻く環境における現状の問題点
  指導者・選手に望む
  知識と技術の伝え方
  治療に対する考え方
  医学とスキルとコンディショニングの架け橋に

Part Ⅱ Medical
 1 上肢の構造と機能  山本敦史
  肩の機能解剖
  肘の機能解剖
  上肢機能に影響を与える他の部位
 2 画像から得られる情報の理解  鈴木 昌
  野球選手にみられる主要疾患(病態)の診断に際して用いられる画像の目的
  正常画像と読影のポイント
 3 画像から見た各種疾患:正常画像と異常画像の比較  鈴木 昌
  はじめに
  肩関節疾患
  肘関節疾患
  肩・肘関節単独で考えるべきではない疾患
 4 野球外傷に対するプライマリーケア:スポーツにかかわる医療従事者としての自覚と勇気  松浦恒明,千葉慎一,筒井廣明
  スポーツに外傷・障害はつきものである‥69
  プライマリーケアとは
  プライマリーケアの目的
  野球における外傷

Part Ⅲ Skill
 1 投球動作  矢内利政
  はじめに
  適切な投球フォームのエッセンス
  運動力学的合理性に基づいた適切な投球動作
  ボールリリース
  まとめ
 2 投能力の発達  勝亦陽一
  はじめに
  身体の発育および機能の発達
  運動能力の発達
  投球動作発達のための「はたらきかけ」

Part Ⅳ Conditioning
 1 現場で必要な情報とその集め方  千葉慎一
  コンディショニングとは
  コンディショニングを行うためには
  コンディション評価
  まとめ
 2 投球疲労に対するケア  升永雅純,升永雅史
  プロ野球のトレーナーの業務
  近年の野球における選手の身体への負担
 3 投球に必要なトレーニング:①トレーニングの意義・目的  笠原政志
  トレーニングとは
  トレーニングの目的を達成させるために
  コンディショニングのためのフィジカルトレーニング
  エネルギー出力系のためのフィジカルトレーニング
  野球選手の投球動作特性を踏まえた専門的トレーニング
  野球選手に必要なその他のトレーニング
  投球障害予防のためのコンディショニング
 4 投球に必要なトレーニング:小児・成長期のトレーニング  高司 譲
  なぜ小児・成長期にトレーニングが必要か?
  野球の競技特性とトレーニング科学から考える
  小児・成長期の体の特徴や成長の状況などの観点からトレーニングを考える
  小児・成長期の現状
  小児・成長期のトレーニングはどうしたらよいか?
 5 投球に必要なトレーニング:成人のトレーニング  草場昭宏
  なぜ成人選手にトレーニングが必要なのか?
  ポジションによってトレーニングは異なるのか?
  シーズンごとのトレーニングについて
  おわりに
 6 投球(野球)に必要な栄養学  園部裕美
  食べるもの以前に,まずは食べられる体作りから
  野球選手の食事の基本
  水分の摂り方
  サプリメントの考え方
  行動変容につなげる新人教育のポイント
  食べてもらうための工夫

Part Ⅴ Thinking
 1 投球障害肩に対する考え方  山口光國,筒井廣明
  はじめに
  調整変数という考え方
  影響する因子の抽出にあたって
  おわりに