医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

地域医療構想のデータをどう活用するか【電子版】

松田 晋哉 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64252-1
電子版発売日
2020/06/22
ページ数
144ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04252-9
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

地域医療構想は、超高齢社会に対応するために、地域ごとの実態に即した医療提供体制を構築する観点から策定された。2025年を目前に控え、各病院はどの方向へ舵を切るのか迫られている。本書は、地区診断に基づく病院の将来像を見据えて施設計画を立てた先進事例の紹介を交えながら、地域の医療ニーズにどう応えるかを判断するために必要となるデータの考え方・活用の仕方を解説する。

目次

まえがき

第I章 地域医療構想の考え方
 1.地域医療構想導入の経緯
 2.地域医療構想の意義
 3.コミュニケーションの重要性
  1)メディアや国民に誤解されない情報提供
  2)データに基づく冷静な議論と丁寧な説明
 4.地域医療構想における病床機能別病床数推計の考え方
  1)病床機能別病床数の推計方法
  2)地域医療構想の策定プロセス
  3)地域医療構想調整会議
  4)都道府県知事による措置

第II章 厚生労働省の諸施策と地域医療構想
 1.平成30年度診療報酬制度改定と地域医療構想
 2.働き方改革・専門医制度と地域医療構想
  1)フランスにおける医師の働き方改革
  2)わが国における医師の働き方改革の議論
  3)専門医制度との関係
  4)若手医師の意識調査の必要性と国民への啓発

第III章 地域医療構想におけるデータ分析の考え方
 1.地区診断のためのデータ分析の視点
  1)地域の概況を検討するポイント
  2)救急について検討するポイント
  3)脳血管障害について検討するポイント
  4)心疾患について検討するポイント
  5)がん診療について検討するポイント
  6)小児・周産期医療について検討するポイント
  7)在宅医療について検討するポイント
  8)肺炎について検討するポイント
  9)骨折について検討するポイント
  10)入院医療の提供状況を検討するポイント
  11)構想区域の病床の機能分化・連携の課題と施策の検討
 2.データに基づく地域医療構想の議論の進め方
  1)DPCデータ
  2)NDBデータ
  3)消防庁データ
  4)年齢調整標準化レセプト出現比(SCR)
  5)病床機能別医療需要
  6)人口の将来予測
  7)傷病別入院患者数の推移の推計
  8)外来医療計画
  9)定量基準の導入
  10)あるべき地域医療体制に関する概念図の作成
 3.急性期後の医療提供体制を考える
  1)SCRを用いた4地域の比較分析
  2)東京都区東部医療圏(大都市部の例)
  3)前橋医療圏(地方中核都市の例)
  4)湯沢・雄勝医療圏(中山間地域の例1)
  5)雲南医療圏(中山間地域の例2)
  6)増大する慢性期の患者をどう受け止めるか
 4.医療計画および地域医療構想の検討事例(福岡県京築医療圏をモデルとして)
  1)医療資源の状況
  2)DPCデータを用いた急性期入院医療の提供体制の把握
  3)NDBを用いた医療圏内患者の受療圏の把握および地域医療指標の評価
  4)地理情報システム(GIS)による分析
  5)隣接医療圏のデータとの連結分析(悪性腫瘍を例として)
  6)SCRの検討
  7)介護保険関連の分析
  8)人口学的分析
  9)病床機能報告データを用いた分析
  10)DPC研究班から提供されるデータの活用
  11)領域ごとの自医療圏における医療提供体制の評価と課題抽出
  12)地区診断のまとめ
  コラム ライフコースアプローチ

第IV章 地域医療構想を踏まえた施設計画の考え方
 1.仮想例(I病院)の概要
 2.DPC公開データをもとに急性期医療における自施設の位置づけを検討する
 3.病床機能報告のデータをもとに自施設の地域における位置づけを検討する
 4.医療職の確保可能性の分析
 5.今後の病床機能の選択
 6.仮想例(I病院)の施設計画の実効性

第V章 機能選択および病床転換の事例
 1.地域医療連携推進法人の事例:日本海ヘルスケアネット
 2.公立病院と民間病院の統合事例:加古川中央市民病院
 3.病棟のサービス付き高齢者向け住宅への転換事例:奈井江町立国民健康保険病院
 4.一般病棟の地域包括ケア病棟への転換事例:起生会・大原病院
 5.介護療養病床の介護医療院への転換事例:博愛会・宇部記念病院
 6.都市部の医療・介護・福祉ケアミックス事例:豊生会・東苗穂病院
 7.中山間地域の医療・介護・福祉ケアミックス事例:陽正会 寺岡記念病院
 8.医療・介護・障碍児(者)福祉の複合化事例:大誠会 内田病院

第VI章 日本医療の近未来図
 1.人口構造変化の影響を冷静に考える
 2.急性期後の医療・介護提供体制の重要性を考える:ケアミックスの時代へ

付録 病床機能報告データを活用するための分析例

あとがき

索引