医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護ケアのための摂食嚥下時の誤嚥・咽頭残留アセスメントに関する診療ガイドライン【電子版】

公益社団法人 日本看護科学学会 (監)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-23263-5
電子版発売日
2021/07/05
ページ数
136ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,530 (本体¥2,300+税10%)

特記事項
※この電子版の収録内容は編集(あるいは監修)した学会のホームページ等に掲載される場合があります。学会のホームページ等にてご確認のうえ、ご購入ください。なお、学会のホームページ等での掲載を理由とした商品のキャンセルには応じかねます。
印刷版ISBN
978-4-524-23227-7
印刷版発行年月
2021/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

看護研究成果を臨床実践に還元することを目的に作成された日本看護科学学会による初のガイドライン.Minds診療ガイドライン作成マニュアル2017に準拠.病院・療養施設・在宅の場で重要な摂食嚥下時の誤嚥,咽頭残留のアセスメントや看護ケアについて,臨床上の疑問をCQ(clinical question)で表し,それぞれのエビデンスと推奨度の強さを提示した.誤嚥性肺炎を予防する標準的な摂食嚥下ケアを導く1冊.

目次

【内容目次】
序文
診療ガイドライン概要
 1.ガイドライン名
 2.目的
 3.トピック
 4.想定される利用者
 5.構成組織
 6.組織の各構成メンバーと役割
 7.利益相反 (Conflict of Interest:COI)
 8.診療ガイドライン作成方法
 9.クリニカルクエスチョンと推奨文サマリー
 10.用語集
 11.診療ガイドラインがカバーする範囲と注意点
 12.既存の診療ガイドラインとの関係
 13.外部評価の結果と診療ガイドラインへの反映
 14.パブリックコメントと診療ガイドラインへの反映
 15.資金源
 16.監査基準
 17.本診療ガイドラインの普及/導入に関して
 18.公開後の取り組み

Part 1.摂食嚥下時の誤嚥・咽頭残留の基本的特徴
 1.臨床的特徴
 2.疫学的特徴
 3.摂食嚥下ケアの国際的潮流
 4.摂食嚥下時の誤嚥・咽頭残留のアセスメントと看護ケア
 5.摂食嚥下時の誤嚥・咽頭残留のアセスメントに基づく看護ケア選択

Part 2.各CQ の推奨文とシステマティックレビュー
 1.CQ 1
 2.CQ 2
 3.CQ 3, CQ 4, CQ 5
 4.CQ 6
 5.CQ 7
 6.CQ 8
 7.CQ 9
 8.CQ 10
 9.一般向けサマリー

付録
 1.クリニカルクエスチョンの設定表
 2.データベース検索式,エビデンスの評価シート,エビデンスの統合シート
 3.診療ガイドライン作成者の利益相反状況に関する一覧表