医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

症候別に学ぶ 血管エコーのアプローチ法【電子版】

検査オーダーからエコーレポートまで

濱口 浩敏 久保田 義則 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/07/19
ページ数
216ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,600 (本体¥6,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-3762-9
印刷版発行年月
2021/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

血管エコーを依頼したいけれど,何を目的とする? 血管エコーの依頼があったけれど,結果をどう報告する? 検査手技の本は沢山あるけれど,エコーと病態の知識が結びつかない……そんな不安に答える一冊.脈管疾患と血管エコーに精通したエキスパートの医師と技師がタッグを組み,症候別に,依頼の仕方から検査手順,レポートの書き方・読み方まで流れに沿って解説.血管エコーと病態の知識を結び,さらに深い理解へと導くテキスト.

目次

Part. Ⅰ 血管エコーの基礎知識を学ぶ
 1 血管エコーの基礎知識
 2 血管エコー標準的評価法に準拠したスクリーニング手順
  ①頸動脈エコー
  ②下肢静脈エコー
  ③大動脈・下肢動脈エコー
  ④腎動脈エコー
  ⑤シャントエコー
 3 血管エコー領域で知っておきたいその他の検査法
 4 血管エコーで注意したいアーチファクト
 5 エコーレポートの書き方

Part. Ⅱ 症候別 血管疾患診断へのアプローチ法を学ぶ
 1 意識障害を認めたとき
 2 上肢動脈血圧の左右差を認めたとき
 3 胸痛・腹痛を認めたとき
 4 下肢痛・しびれを認めたとき
 5 むくみを認めたとき
 6 発熱を認めたとき

Part. Ⅲ 代表的疾患における血管エコーの役割
 1 内頸動脈狭窄症に対する周術期管理
 2 深部静脈血栓症の経過観察
 3 腹部大動脈瘤におけるステントグラフト挿入術後のエンドリーク評価
 4 末梢動脈疾患の閉塞部位,側副路血行評価
 5 腎動脈エコーによる二次性高血圧の鑑別ポイント
 6 シャント合併症における超音波の役割

索引

[COLUMN]
 内頸動脈狭窄に対するAcT ratio
 末梢動脈でみられる血管炎における超音波所見
 腹部大動脈瘤の瘤径計測