医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

スポーツ整形外科学【電子版】

アスリートを支えるクリニカルスタンダード

松本 秀男 熊井 司 西良 浩一 菅谷 啓之 吉矢 晋一 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/08/30
ページ数
612ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥16,500 (本体¥15,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2742-2
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
270 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

スポーツ医学の第一線で競技復帰をサポートする執筆陣による,スポーツ整形外科の役割と強みを前面に押し出し解説した教科書.アスリートが求める「競技レベルを維持しながらの外傷・障害の予防」,「早期の高いパフォーマンスでの競技復帰」を支援するための基礎知識と診断・治療を中心に構成.また,競技現場ならではの治療・判断・テクニック,競技復帰・再発予防に向けた手術・リハの工夫など臨場感溢れる内容も紹介している.

目次

Ⅰ スポーツ整形外科の基礎
 1 スポーツ整形外科の特徴─ 一般整形外科との違い
 2 スポーツ競技の分類
 3 スポーツ活動に求められる能力とその評価
  ❶筋 力
  ❷柔軟性・関節可動域
  ❸持久力
  ❹俊敏性・バランス能力
  ❺精神力・心理的競技能力
 4 アスリートを診る際の注意点
  ❶アンチ・ドーピング
  ❷メディカルチェック
  ❸帯同時の診療

Ⅱ 診断・治療総論
 1 スポーツ外傷・障害に対する診断のポイント
 2 スポーツ外傷の治療原則
 3 スポーツ障害の治療原則
 4 トップアスリートに対する治療のポイント
 5 女性アスリートに対する治療のポイント
 6 小児アスリートに対する治療のポイント
 7 高齢者アスリートに対する治療のポイント
 8 障害者アスリートに対する治療のポイント
 9 持久系スポーツ障害に対する治療のポイント
 10 瞬発系スポーツ障害に対する治療のポイント
 11 審美系スポーツ障害に対する治療のポイント
 12 オーバーヘッドスポーツ障害に対する治療のポイント
 13 リハビリテーション・リコンディショニングのポイント
  ❶基本概念+モビリティとスタビリティ
  ❷基本概念+モーターコントロール

Ⅲ 疾患別スポーツ診療
 1 頚部・体幹
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 頚椎椎間板ヘルニア
  2 頚椎損傷
  3 Burner症候群
  4 腰椎椎間板ヘルニア
  5 腰椎椎間板症
  6 Type 1 Modic変化
  7 腰椎骨端輪骨折
  8 腰椎分離症―発育期
  9 腰椎分離症―成人期
  10 腰椎椎間関節炎
 2 肩関節・上腕部
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 肩関節初回脱臼
  2 反復性肩関節脱臼
  3 外傷性関節唇損傷・UPS
  4 投球障害肩
  5 肩鎖関節脱臼
  6 鎖骨骨折
  7 腱板損傷
  8 オーバーヘッドアスリートの棘下筋萎縮
  9 上腕二頭筋長頭腱および遠位部断裂
 3 肘関節・前腕,手関節・手指
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 成長期野球肘内側障害
  2 成長期野球肘外側障害
  3 野球肘後方障害
  4 成人期野球肘内側障害
  5 肘部尺骨神経障害
  6 変形性肘関節症
  7 テニス肘
  8 外傷性肘関節脱臼
  9 手関節の外傷・障害
  10 手指の外傷・障害
 4 骨盤・股関節・大腿部
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 グロインペイン症候群
  2 骨盤裂離骨折
  3 骨盤・股関節の疲労骨折
  4 大腿骨寛骨臼インピンジメントと股関節唇損傷
  5 大腿部肉ばなれ
  6 大腿部筋挫傷
 5 膝関節
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 オーバーユース障害
  2 成長期の障害
  3 前十字靱帯損傷
  4 後十字靱帯損傷
  5 内側側副靱帯損傷
  6 月板損傷
  7 膝蓋骨脱臼・亜脱臼
  8 関節軟骨損傷
  9 二次性変形性膝関節症
 6 下腿部,足関節・足部
 [総論]
  1 構造と機能
  2 診察と検査
 [各論]
  1 足関節外側靱帯損傷
  2 三角靱帯および遠位脛腓靱帯損傷
  3 距骨骨軟骨損傷
  4 足関節前方インピンジメント症候群
  5 足関節後方インピンジメント症候群
  6 アキレス腱断裂
  7 アキレス腱障害
  8 下腿疲労骨折
  9 シンスプリント
  10 腓骨筋腱脱臼
  11 足底腱膜症
  12 外脛骨障害
  13 疲労骨折
  14 第5中足骨近位骨幹部疲労骨折(Jones骨折)
  15 母趾種子骨障害

Ⅳ 競技復帰支援
 1 競技復帰に必要な機能の獲得
 2 筋力再獲得へのアプローチ
 3 可動域・柔軟性再獲得へのアプローチ
 4 全身持久力再獲得へのアプローチ
 5 アジリティ・バランス能力再獲得へのアプローチ
 6 モティベーション維持・再獲得へのアプローチ

索 引