医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

物語で学ぶ緩和ケア【電子版】

みんなでめざすチーム医療

大学病院の緩和ケアを考える会教育部会 (編著)

出版社
へるす出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/20
ページ数
152ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,420 (本体¥2,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86719-018-0
印刷版発行年月
2021/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

緩和ケアのキーワードとなる、家族を含めた全人的ケア、チーム医療は、がんのみならず心不全、神経筋疾患、認知症など、診断時・治療中から始まります。緩和ケアとは、医療者になったときに身につけておくべき、基本的で大切な知識・技能・態度なのです。本書はそれらを理解しやすいように、患者が主人公の物語仕立ての読みやすい構成となっています。多職種を対象に、学生や初学者、また教員にもおすすめの一冊。

目次

Ⅰ章 緩和ケアとは
Ⅱ章 がんと診断されてから

Prologue
1.診断期
 事例の説明
 トータルペイン
 患者体験の物語
 さらに学んでほしいこと
  1 悪い知らせを伝えるコミュニケーション
  2がん情報サービス
 【ワンポイントメモ】
  ・インフォームドコンセント時の看護師の役割

2.治療期
 事例の説明
 トータルペイン
 患者体験の物語
 カンファレンス場面
 さらに学んでほしいこと
  1 術後痛の緩和
  2ストーマサイトマーキング
  3 大腸がんに対する薬物療法
  4 経済的支援
  5 介護保険
 【ワンポイントメモ】
  ・リハビリテーションの種別
  ・リハビリテーション専門職
  ・退院調整アセスメント
  ・生命保険による経済的援助
  ・低位前方切除
  ・周術期のがんリハビリテーション
  ・周術期の口腔機能管理の必要性
  ・レスキュー
  ・訪問介護

3.再発期
 事例の説明
 トータルペイン
 患者体験の物語
 カンファレンス場面
 さらに学んでほしいこと
  1 直腸がん再発に対するCT 検査
  2 直腸がんに対する放射線治療
  3 早期からの緩和ケア
  4がん疼痛治療の基本
 【ワンポイントメモ】
  ・ 腫瘍マーカー
  ・腫瘍内科
  ・アドバンス ケア プランニング(ACP)
  ・ 緩和ケアチーム

4.在宅期
 事例の説明
 トータルペイン
 患者体験の物語①
 カンファレンス場面①
 患者体験の物語②
 カンファレンス場面②
 カンファレンス場面③
 患者体験の物語③
 さらに学んでほしいこと
  1がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン(2017年度版)
  2イレウスと腸閉塞
 【ワンポイントメモ】
  ・この時期のトータルペインの特徴と考え方
  ・キャンサーボード
  ・退院における看護師の役割
  ・退院における薬剤師の役割
  ・ 施設リハビリテーションと訪問リハビリテーションの相違点
  ・がん性腹膜炎
  ・緩和ケア病棟の役割
  ・ホスピス
  ・在宅への移行プロセス
  ・在宅緩和ケアを実現するための要点
  ・訪問診療と往診
  ・訪問歯科医師

5.看取り期
 事例の説明
 トータルペイン
 患者体験の物語
 家族での話し合い;妻の語り
 カンファレンス場面
 さらに学んでほしいこと
  1 終末期の水分 栄養補給
  2リビングウイル
  3 尊厳死
  4 最期の場所
  5 死亡診断書(死体検案書)
  6 死後の処置(エンゼルケア)
  7 悲嘆のケア
 【ワンポイントメモ】
  ・デイサービス(通所介護)
  ・ショートステイ
  ・ DNAR(do not attempt resuscitate)
  ・ HOT(home oxygen therapy;在宅酸素療法)の導入
  ・終末期リハビリテーション
  ・廃用症候群(disuse syndrome)
  ・見捨てられ不安
  ・終末期の対応におけるパンフレットの活用
  ・死亡直前の身体的変化
  ・死の過程における呼吸の変化
  ・死亡の確認;死の三徴候
  ・看取りの場での立ち居ふるまい
  ・看取り場面における医師 看護師以外のメディカルスタッフの対応

Ⅲ章 これからの緩和ケア

1 地域で支える緩和ケア;実践例をとおして
2 働く人を支える緩和ケア
3 認知症患者の緩和ケア
4 看取りの作法

参考となる図書 資料
索引