医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ナースが書いた

看護に活かせる脳画像ノート【電子版】

久松 正樹 (著)

出版社
照林社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/08
ページ数
128ページ
 判型
B5判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7965-2499-5
印刷版発行年月
2020/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
84 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

脳画像の基本的な見方から、脳の解剖生理、病態や症状との関連など、難しい医学知識をベテランナースが経験をもとに解説。だから、看護に活かせます! 脳って難しいから苦手・・・症状の評価がよくわからない・・・というときはまずこの1冊! 難解な脳のメカニズムを楽しく、わかりやすく理解できます。

目次

1 基本となる脳画像
 1 脳画像を学ぶ前に
 2 脳画像を見るコツをおさえよう
 3 おさえておきたい6つの画像
  ①しわが見えたら、中心溝
  ②ハの字が見えたら、側脳室の天井
  ③Yの字が見えたら、大脳基底核と視床
  ④ネズミが見えたら、中脳
  ⑤てるてる坊主が見えたら、橋と小脳
  ⑥逆ハートが見えたら、延髄
2 脳画像から脳の解剖生理を学ぼう
 1 ハの字レベルには、脳内の路線図がある
 2 ハの字の延長線上には、角回と縁上回
 3 Yの字レベルで見える大脳基底核と視床
 4 Yの字レベルで見える言語中枢
 5 ネズミに見える中脳の下丘・上丘
 6 橋の位置関係は脳室の形で覚えよう
 7 橋と小脳の関係
 8 脳血管の支配領域
3 CT vs MRI脳画像の特徴
 1 CTにはどんな特徴があるの?
 2 MRIにはどんな特徴があるの?
 3 MRAの基本的な見方
4 画像をケアに活かす 脳卒中と脳画像あれこれ
 ケース① めまいを訴えたら小脳の病変を疑う!
      “小脳は脳幹と接している”がポイント!
 ケース② 軽い麻痺でも注意が必要!
      BADタイプか否か?
      その所見画像は何枚にわたっている?
 ケース③ 眼の動きをアセスメント
      その根拠に画像を使う!
 ケース④ 視床出血は水頭症になるとドレーン挿入
      モンロー孔や中脳水道に注目!