医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪痛みのScience & Practice3≫

病態・疾患別がん性痛の治療【電子版】

井関 雅子 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/22
ページ数
270ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥13,200 (本体¥12,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2835-1
印刷版発行年月
2013/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
120 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

がん疾患ごとの抗がん治療や予後,随伴症状,痛みの特徴などの知識を解りやすく整理し,痛みの治療ストラテジーを組み立てて紹介.薬物療法と神経ブロック療法などの非薬物療法の両者に関しては,包括的な理解のもとに,上手に組み合わせながら治療をすすめられるよう記述を工夫した.簡潔で解りやすい記述と全ページカラーの誌面により,初学者からベテラン麻酔科医まで,興味とレベルにあわせて,読みたい項目を選んで読める.

目次

総説
 がん性痛の定義と治療方針
解説
 Ⅰ.がん性痛の評価
  1 がん性痛の評価
   T オピオイドの効果に影響する遺伝子多型
   T がんサバイバーの痛みの管理
 II.がん性痛の発生機序と治療
  1 内臓痛
  2 骨転移痛
  3 がんに起因した神経障害性痛
  4 治療に関連した神経障害痛・その他の痛み
   O くも膜下フェノールサドルブロックの効きが悪いときは?
   T 骨転移に対する経皮骨形成術:適応と治療効果
   T 脊髄刺激療法の適応と有用性
   T 神経障害性痛の機序解明最先端
III.がん性痛治療総論
  1 薬物療法
   ① 総論
   ② NSAIDs・アセトアミノフェン
   ③ オピオイド
   ④ オピオイドの副作用対策:嘔気・嘔吐,便秘,眠気
   ⑤ 鎮痛補助薬
  2 神経ブロック療法
  3 硬膜外鎮痛法とくも膜下鎮痛法
  4 放射線療法
  5 物理療法とリハビリテーション
   O オピオイドローテーションのコツとポイント
   O くも膜下鎮痛法にはどんな薬剤が使用可能か?
   O 抗うつ薬とプレガバリン/ ガバペンチンの使い分け
   O リドカイン静脈内投与の適応とコツ
   O がん性痛に対する超音波神経ブロックの活用法
   T リンパ浮腫に対するリンパドレナージの有用性
 IV.部位別:がん性痛の治療
  1 頭頸部がん
   ① 脳腫瘍
   ② 顔面 口腔がん
   ③ 甲状腺がん
   ④ 咽頭がん
  2 乳がん
  3 肺がん
  4 消化器系がん
   ① 食道がん
   ② 胃がん
   ③ 肝臓がん
   ④ 胆道がん
   ⑤ 膵臓がん
   ⑥ 大腸がん・直腸がん
  5 婦人科系がん
  6 泌尿器系がん
   ① 腎臓がん
   ② 膀胱がん
   ③ 前立腺がん
   ④(男性)生殖器がん
  7 運動器系がん
   ① 骨腫瘍
   ② 軟部腫瘍
   ③ 脊髄腫瘍
  8 造血器系がん
   ① 多発性骨髄腫
   ② 白血病
    O 高齢者に対するオピオイドのスムーズな導入法
    O ケタミンの有効な使い方
    O 持続皮下注の適応
    T がん性痛緩和における超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック術の安全性と有効性
    T がん性痛に対する経皮的コルドトミー
 Ⅴ.小児の緩和医療
  1 小児の痛みの緩和
   T 基礎からみたオピオイドの差別化 ①
   T 基礎からみたオピオイドの差別化 ②
   T 基礎からみたがん性痛治療:ケモカイン
索引

T = Topics
O = One Point Advice