医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

糖尿病関連注射薬の新展開【電子版】

インスリン・GLP-1・グルカゴン

難波 光義 (編)

兵庫医科大学内科学糖尿病科教授

出版社
フジメディカル出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/17
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-939048-45-6
印刷版発行年月
2007/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
318 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

●インスリン製剤を軸に,糖尿病関連注射薬の最新知見を網羅。
インスリン製剤に関しては,その薬理学的特徴,注射デバイスの特徴と注意点,インスリン処方の実際(病態別,経口薬との併用など),注射指導のポイント,吸入インスリンの最新動向までを。さらには,発売が待たれるGLP-1製剤の製品特性,およびグルカゴン製剤と低血糖対策も盛り込んだ,実地医家のための糖尿病注射薬治療に関する最新マニュアルです。

目次

Ⅰ インスリン注射とGLP-1製剤
―糖尿病の薬物治療におけるポジショニング―

Ⅱ インスリン製剤の進歩と応用
1.糖尿病の病態とインスリン治療
A.1型糖尿病
B.2型糖尿病
2.インスリン製剤の臨床薬理とその適応
A.超速効型・速効型
B.混合型(アナログ製剤含む)
C.中間型・持効型
3.インスリン注射デバイスの特徴と注意点
4.インスリン処方の実際(症例を中心に)
A.1型糖尿病
B.2型糖尿病
1)SU薬二次無効例
2)糖毒性を呈した例
3)肥満合併例
4)経口薬との併用療法・切り替え
・αグルコシダーゼ阻害薬
・ビグアナイド薬・チアゾリジン誘導体
・インスリン分泌促進薬
5.シックデイ・ケトアシドーシスの治療
6.インスリン治療と血糖自己測定(SMBG)
7.注射指導のポイント
8.吸入インスリン

Ⅲ GLP-1に期待するもの
1.リラグルチド liraglutide
2.エキセナチド exenatide

Ⅳ グルカゴンと低血糖対策

資料:インスリン製剤・グルカゴン製剤一覧