医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

インクレチン治療【電子版】

清野 裕 (監)

関西電力病院院長

出版社
フジメディカル出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/06/20
ページ数
87ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86270-027-8
印刷版発行年月
2010/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
162 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

●インクレチンの概念から期待される新薬とそのポジショニングまでを解説した初めての本格テキスト
●本書は,2010年以降の糖尿病治療を一変させたインクレチン薬のポテンシャルにいち早く着目し,GLP-1受容体作動薬やエキセンジン4などのいくつかのインクレチン薬の関連用語をも決定せしめた

目次

1.インクレチン ―概念と研究の歩み
2.GIP,GLP-1の多彩な作用
 1)GIP
 2)GLP-1
3.GLP-1誘導体
4.エキセンジン-4
5.DPP-4阻害薬
6.インクレチン治療の展開
 1)GLP-1誘導体,GLP-1受容体作動薬のポジショニング
 2)DPP-4阻害薬のポジショニング
 3)1型糖尿病への応用は可能か