医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪Management of Heart Failure≫

明日から役立つ急性心不全薬物治療のテクニック【電子版】

佐藤 直樹 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/24
ページ数
108ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,600 (本体¥6,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-1965-6
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

急性心不全治療では,発症から治療開始までの時間を考慮することが大切である.そのためには,迅速な病態把握を行うと同時に薬剤特性の知識を元に病態にあった治療戦略を組み立てることが重要である.本書では,病態の把握の仕方のポイントを改めて再確認し,薬剤特性の理解を深めることにより最短コースで目の前の急性心不全患者を治療するための必携書である.

目次

I まずは病態把握ありき!
 1 総論
 2 心原性肺水腫
 3 体液貯留
 4 低心拍出
 5 右心不全
II 薬剤特性を識らずして実践無し!
 1 血管拡張薬
  a. 総論
  b. 各論
 2 利尿薬
  a. 総論
  b. 各論
 3 強心薬・昇圧薬
  a. 総論
  b. 各論
 4 抗不整脈薬
  a. 総論
  b. 各論
III 薬物治療の実践
 1 総論
 2 急性心原性肺水腫
 3 体液貯留
 4 低心拍出
 5 右心不全
 6 致死的不整脈
索引