医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

術後ケアとドレーン管理のすべて【電子版】

竹末 芳生 藤野 智子 (編集)

出版社
照林社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/12/27
ページ数
416ページ
 判型
B5判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,180 (本体¥3,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7965-2386-8
印刷版発行年月
2016/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
96 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

術後患者の全身状態から、ドレーン・カテーテル・チューブの管理まで、ケアに必要な知識を幅広く網羅。ICU、外科病棟のナースはもちろん、感染対策にかかわるスタッフにもおすすめ。

目次

Part1 術後ケア
 ■手術患者ケアに必要な基礎知識
  手術部位感染(SSI)/早期回復のための周術期管理:ERASプロトコル/クリティカルパス/
  術後感染予防抗菌薬/SIRSと臓器障害/
  新しいセプシス(敗血症)、セプティックショック(敗血症性ショック)の定義と臨床的診断基準
 ■術後管理に必要な基本アセスメント
  術後発熱/尿量/血行動態/呼吸/術後イレウス/腹痛/不整脈/意識障害とけいれん/術後高血糖/
  血液・生化学検査
 ■創管理
  創傷治癒過程/創管理の実際(縫合創の管理、開放創の管理)/陰圧閉鎖療法
 ■手術部位感染(SSI)対策
  SSI予防の実際/SSIサーベイランス
 ■その他の術後合併症予防
  深部静脈血栓症/早期離床/摂食・嚥下評価とリハビリテーション/褥瘡予防
 ■呼吸管理
  酸素マスク・カニューレ装着時の管理/気道ケア(吸引法(抜管後)、気道クリアランス法)/
  人工呼吸器関連肺炎(VAP)の予防
 ■栄養・疼痛・精神症状
  栄養状態のアセスメント/栄養管理の実際:栄養投与量の決定・投与方法の選択と実際・栄養モニタリング/
  疼痛対策(疼痛アセスメント、疼痛管理)/術後の精神症状 せん妄/術後の睡眠障害への対応

Part2 ドレーン・カテーテル管理
 ■総論
  ドレーン・カテーテルの種類と用途/ドレーン管理の基本:固定・排液管理・患者管理・感染対策
 ■手術時に使用されるドレーン管理の実際
  甲状腺手術/喉頭全摘出術/肺切除術/開心術/乳がん手術/胸部食道全摘出術/胃切除術/結腸・直腸手術/
  肝切除術/膵頭十二指腸切除術と膵体尾部切除術/腎摘出術/膀胱全摘出術/
  子宮全摘出術と後腹膜リンパ節郭清術/人工関節置換術
 ■治療目的で使用されるドレーン・カテーテル管理の実際
  脳室ドレナージ/自然気胸・外傷性気胸における胸腔ドレナージ/心嚢ドレナージ/イレウスチューブ/
  膿瘍穿刺ドレナージ:経皮的、経肝的(PFA/PAD)/胆道ドレナージ(ENBD、EBD、PTBD、PTGBD)/
  重症急性膵炎のドレナージ/腎瘻カテーテル(内瘻・外瘻)
 ■術後や集中治療で使用されるチューブ・カテーテル管理の実際
  胃管/尿道留置カテーテル/気管挿管チューブ(気管内吸引カテーテル管理を含めて)/気管切開チューブ/
  経皮的気管穿刺(切開)/動脈ライン(モニタリング、採血)
 ■輸液・注入目的のチューブ・カテーテル管理の実際
  中心静脈カテーテル(挿入時の管理、接続部の管理、挿入部の管理)/末梢静脈カテーテル/
  硬膜外カテーテル/経管栄養チューブ(経鼻経管栄養チューブ・PEG)