医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

身体が求める運動とは何か【電子版】

法則性を活かした運動誘導

水口 慶高 (著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/02/21
ページ数
108ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-4553-2
印刷版発行年月
2017/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

対象者の身体機能回復・社会復帰のために施される運動指導を,本来,人の動きは制御したり,誰かに教わったりすることなく,根源的にでき上がっている「教師なし学習」として自然摂理と身体の法則性に基づき生成されている運動であることに立ち戻り,身体そのものに備わっている運動システムをいかに呼び起こすかという視点で,臨床の現場で施される「教師あり学習」を見直し,「運動誘導」として昇華させることを解説している.

目次

1 運動をどうとらえてどう介入するのか?
 1.運動とは何か?(統合的運動生成概念)
 2.アプローチの理論(BiNI理論)
2 運動が達成されるための3つの学習戦略
 1.3つの運動学習戦略
 2.自己組織化理論に基づく教師あり学習
3 運動誘導は治療
 1.痛みは運動から生まれる
 2.よくある運動評価と指導
 3.教師あり学習における教師信号を考える
4 運動は身体が選ぶ
 1.運動は身体が選ぶ
 2.形と仕組みが動きを作る
 3.先回りシステム(APA)と積極的外乱生成
 4.脊髄は管制塔
5 根源的な歩行システムと足部機能
 1.柔らかい足と硬い足
 2.転がる足
 3.骨盤の前・後傾運動
 4.動歩行へ導くこと
6 運動は紡がれ続ける
 1.“立つ”はすでに運動
 2.立ち上がり方で歩行が変わる
 3.スタートラインが始まりではない
 4.ルーティンのすすめ
7 左右特異性と運動誘導
 1.非対称歩行(右の通り道,左の通り道)
 2.螺旋性の法則
8 感じる力
 1.触れる
 2.構造を変える
 3.こころ
 4.感覚入力の優位性
9 歩行誘導に効果的な教師信号
 1.そうさせるのではなく,そうなってしまう運動誘導
 2.左足から接地
 3.2本のレールの上を歩く
 4.肘を曲げ,腕を振る
 5.補助はどちらに位置する?
 6.左腰タッチで歩行誘導
 7.手をつなぐ
 8.視界を広げる
10 幹が変われば枝葉が変わる
 1.“根幹”につながる教師あり学習戦略とは?
 2.身体は“楽ちん”を選び続ける
索 引