医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

匠が教える美容外科注入術【電子版】

ヒアルロン酸・ボトックス・脂肪注入によるアンチエイジング

市田 正成 (著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/04/11
ページ数
96ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,150 (本体¥6,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2635-7
印刷版発行年月
2018/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
112 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

美容外科のベテランによる,ヒアルロン酸,ボトックス,脂肪の注入療法について解説された実践書.多数の症例写真を掲載し,手技はもちろん,各部位における有効性,禁忌についても具体的に記載.前額,目尻,口角,頬のしわの改善から,涙袋や口唇を膨らませることで若々しくする方法まで,注入療法によるアンチエイジング術が身につく内容.また,随所に挿入されたコラムは美容外科のこれまでの変遷がわかりたいへん興味深い.

目次

I章 フィラーによる注射療法
A.コラーゲン〜ヒアルロン酸の登場以前〜
 1.コラーゲンの登場
 2.コラーゲン注射の特徴,実際
 3.コラーゲン注射の短所
B.ヒアルロン酸注射 総論
 1.ヒアルロン酸とは
 2.ヒアルロン酸の登場
 3.ヒアルロン酸注射の特徴,実際
 4.ヒアルロン酸注射の基本的手技
 5.ヒアルロン酸の種類と注射する部位
C.症例集〜ヒアルロン酸注射の適応部位〜
 1.前額部
  CASE1 69歳女性(真顔の状態でも前額のしわが目立つケース)
  CASE2 48歳女性(前額と眉間のしわにボトックス注射とヒアルロン酸注射を併用したケース)
 2.眉間部
  CASE1 71歳女性(眉間にできた深いしわを取るケース)
 3.鼻 部
  CASE1 53歳女性(隆鼻を目的としてヒアルロン酸注射を行ったケース)
  CASE2 40歳女性(隆鼻目的)
  CASE3 21歳女性(隆鼻目的)
  CASE4 71歳女性(鼻根部のしわを消すためのヒアルロン酸注射)
 4.下眼瞼(涙袋)
  CASE1 29歳女性(ヒアルロン酸注射で「涙袋」を作る)
  CASE2 27歳女性[涙袋の形成(ヒアルロン酸の補充)]
  CASE3 48歳女性(涙袋の補修)
 5.上眼瞼
  CASE1 52歳女性(左上眼瞼へのヒアルロン酸注射)
 6.目尻部位
  CASE1 33歳女性(「カラスの足跡」を消すヒアルロン酸注射)
 7.下眼瞼
  CASE1 73歳女性(下眼瞼下部の溝を消したいケース)
  CASE2 62歳男性(下眼瞼の溝状の凹み)
 8.ほうれい線
  CASE1 46歳女性(口元のしわを消す)
  CASE2 58歳女性(ほうれい線への注射療法)
 9.上口唇
  CASE1 73歳女性(上口唇部のしわを消す注射)
 10.口 唇
  CASE1 54歳女性(口唇へのヒアルロン酸注射)
  CASE2 27歳女性(赤唇へのヒアルロン酸注射)
  CASE3 34歳女性(赤唇へのヒアルロン酸注射)
 11.下口唇(口元,マリオネットライン)
  CASE1 65歳女性(口角へのヒアルロン酸注射)
 12.その他の部位
Supplement
 1 コラーゲン注射は美容外科医にとって,まさに夢のしわ取り注射であった
 2 注射用コラーゲンのテストと判定までの期間
 3 そしてコラーゲンのメーカーまで撤退宣言をした
 4 ヒアルロン酸注射は当初,関節の潤滑液として開発され登場した
 5 ヒアルロン酸は当初予想された以上に長持ちする充填剤
 6 ヒアルロン酸分解酵素はありがたい救世主
 7 隆鼻術にヒアルロン酸を過剰に注射すると,「アバター鼻」になる!?
 8 人相学的に涙袋が意味するもの
 9 「K姉妹」の姉の口唇─口唇へのヒアルロン酸注射は「はまる人」が意外に多い
 10 ヒアルロン酸全盛の時代に思うこと
II章 ボトックスによる注射療法
A.ボトックス注射 総論
 1.ボトックスとは
 2.ボトックスの薬理作用
 3.ボトックス注射の美容医療への応用
 4.ボトックス注射の将来的展望
B.ボトックス注射の適応部位
 1.前額部
 2.眉間部
 3.眼瞼部
 4.口角部
 5.おとがい部
 6.下顎部
 7.腋窩部
 8.その他の部位
C.ボトックス注射の要警戒部位
 1.眉毛部位
 2.口唇部位
 3.おとがい・口角部位
Supplement
 1  ボトックス注射は殺人兵器の平和利用の好例
 2  ボトックス注射,筆者が少量使用をする理由
 3  ボトックス注射で冷や汗をかいた経験
III章 脂肪注入術
A.脂肪注入術総論
 1.脂肪注入術の登場
 2.脂肪注入術が始まった頃の脂肪細胞に対する概念
 3.脂肪注入術の基本的手技と手順
B.症例集〜脂肪注入術の適応部位〜
 1.顔 面
  CASE1 46歳女性(上眼瞼)
  CASE2 42歳女性(上眼瞼)
  CASE3 35歳女性(上眼瞼・下眼瞼下部)
  CASE4 39歳女性(左上眼瞼)
  CASE5 28歳女性(下眼瞼下部・頰部・ほうれい線・おとがい部)
  CASE6 43歳女性(下眼瞼下部・頰部・ほうれい線・マリオネットライン)
  CASE7 42歳女性(上下眼瞼・眉間・ほうれい線)
  CASE8 65歳女性(上眼瞼・下眼瞼下部・眉間・ほうれい線・マリオネットライン)
 2.胸部(豊胸術)
  CASE1 30歳女性(豊胸術)
  CASE2 45歳女性(豊胸術)
C.脂肪注入術の現況と将来的展望
文 献
索 引

Supplement
 1 脂肪注入術の発想はリサイクル精神から
 2 注入脂肪の生着は疑問視されていたが,生着を確信するに至ったわけ
 3 脂肪注入術の予後に対する警告―くれぐれも太り過ぎないで
 4 脂肪注入術がいまいち普及しないわけ
 5 脂肪注入術が始まった頃は幹細胞の概念がなかった
 6 メスを使わない脂肪注入術は患者に勧めやすかった