医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床麻酔科学書【電子版】

森田 潔 (監修)

岡山大学名誉教授・川崎医科大学特任教授

出版社
中山書店
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/07/18
ページ数
800ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥19,800 (本体¥18,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-521-74949-5
印刷版発行年月
2022/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
88 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本の麻酔科医が書いた日本の麻酔科医のための教科書。「麻酔科医たる者,これだけのことは知っておくべし」という内容を網羅しており,医学生や初期研修医,専攻医には「これ便利だなぁ。いいなぁ」と思ってもらえる1冊です。

目次

1章 総論
 1.1 麻酔とは?
 1.2 麻酔科学の歴史
 1.3 周術期における麻酔科医の役割
 1.4 周術期の患者安全の向上
 1.5 麻酔科学研究の現状と今後
2章 生理学
 2.1 意識・記憶と麻酔
 2.2 脳生理
 2.3 神経生理・疼痛生理
 2.4 循環生理
 2.5 呼吸生理
 2.6 腸管生理
 2.7 代謝・内分泌
 2.8 酸塩基平衡・電解質
 2.9 輸液・輸血
 2.10 造血能と凝固系
 2.11 免疫・アレルギー
3章 薬理学
 3.1 吸入麻酔薬
 3.2 静脈麻酔薬
 3.3 オピオイド
 3.4 鎮痛薬(オピオイド以外)
 3.5 筋弛緩薬
 3.6 局所麻酔薬
 3.7 循環作動薬
 3.8 抗菌薬・消毒薬
4章 モニタリング
 4.1 麻酔深度モニタリング
 4.2 心血管モニタリング
 4.3 経食道エコー
 4.4 呼吸モニタリング
 4.5 血液酸素化モニタリング
 4.6 神経モニタリング
 4.7 筋弛緩モニタリング
 4.8 体温モニタリング
5章 基本手技の実践
 5.1 脊髄くも膜下麻酔
 5.2 硬膜外麻酔
 5.3 神経ブロック
 5.4 気道確保
 5.5 中心静脈確保
 5.6 動脈および末梢静脈確保
6章 麻酔の実践
 6.1 術前評価
 6.2 気道評価
 6.3 麻酔器の基本構造
 6.4 人工呼吸器の基本構造とモード
 6.5 麻酔と体位
 6.6 脳神経外科の麻酔
 6.7 心臓血管外科の麻酔
 6.8 胸部外科の麻酔
 6.9 整形外科の麻酔
 6.10 耳鼻咽喉・頭頚部領域外科の麻酔
 6.11 泌尿器科の麻酔
 6.12 眼科の麻酔
 6.13 産科の麻酔
 6.14 小児の麻酔
 6.15 高齢者の麻酔
 6.16 移植外科の麻酔
 6.17 腹腔鏡下およびロボット手術の麻酔
 6.18 日帰り手術の麻酔
7章 特殊症例の麻酔
 7.1 気道確保困難患者の麻酔
 7.2 肥満患者の麻酔
 7.3 透析患者の麻酔
 7.4 精神神経疾患患者の麻酔
 7.5 筋疾患患者の麻酔
 7.6 ペースメーカ―・ICD植え込み患者の麻酔
 7.7 ステロイド使用患者の麻酔
 7.8 内分泌・代謝異常患者の麻酔
 7.9 止血・凝固異常患者の麻酔
 7.10 感染症患者の麻酔
 7.11 宗教的輸血拒否患者の麻酔
 7.12 手術室外での麻酔
8章 術後管理
 8.1 術後管理一般
 8.2 術後疼痛管理
9章 関連分野
 9.1 ペインクリニック
 9.2 集中治療
 9.3 緩和医療
 9.4 救急・災害医療