医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

実践PTノート 第2版【電子版】

運動器傷害の理学療法

小柳 磨毅 (編集)

出版社
三輪書店
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/08/08
ページ数
210ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-89590-379-0
印刷版発行年月
2011/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
78 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

運動器傷害を自己学習できる究極のサブテキスト、待望の改訂版!

運動器傷害は、脊椎、末梢神経から関節疾患、筋・腱・靱帯損傷や骨折・脱臼などの外傷性疾患、スポーツ医学にいたるまで広範囲にわたる。また小児から高齢者までと、治療の必要な患者がきわめて多彩で、必要性はますます広がっている。このような時代に求められる医療者とは、運動器の総合的な知識を有し、かつその傷害に対し適切な治療および患者への指導を行うことのできる理学療法士といえる。

本書は、運動器のスペシャリストを目指す初学者から中堅クラスまでを対象とし、多くの写真および図表を用いることで、正確な知識ならびに技術を一目で理解できるよう配慮してある。また、写真・図表だけでは理解しにくいものや、最新のテクニックについては、習得度を高めるために動画を用いて詳しく解説した。これらの技術は、常に臨床のなかで定期的に効果と検証を行ったものである。さらに今後出てくる新しい知見や技術などは、自身で書き込むことで完成形へと導くことを可能とした究極のプライベートテキストでもある。本書が書き込みで埋め尽くされたその時こそ、真の運動器スペシャリストとなっているであろう!

目次

第1章 総論―評価と治療
  
第2章 運動療法の基礎
  1.運動器とは
  2.障害の分類
  3.軟部組織の特性
  4.治療手順の原則
  5.運動療法の基礎
  6.急性炎症
  
第3章 肩関節と肩甲帯
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  4.coordination の評価・治療
  
第4章 肘関節・前腕
  1.メカニズム
  2.肘・前腕の代表的疾患
  3.mobility の評価・治療
  4.stability の評価・治療
  
第5章 手関節・手指
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  4.coordination の評価・治療
  
第6章 股関節
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  4.coordination の評価・治療
  
第7章 膝関節
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  4.coordination の評価・治療
  
第8章 足関節
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  4.coordination の評価・治療
  
第9章 脊柱・骨盤
  1.メカニズム
  2.mobility の評価・治療
  3.stability の評価・治療
  
第10章 運動連鎖
  
索引