医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

小児痙縮・ジストニア診療ガイドライン2023【電子版】

日本小児神経学会 (監修)

出版社
診断と治療社
電子版ISBN
978-4-7878-8138-0
電子版発売日
2024/02/09
ページ数
168ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7878-2619-0
印刷版発行年月
2024/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ボツリヌス治療,脊髄後根切断術,バクロフェン髄腔内投与,深部脳刺激療法など,痙縮・ジストニアの治療法がわが国でも徐々に普及している.適切な時期に適切な治療を導入し,経過に応じて他の治療へ移行することで,運動障害の回復がいっそう促進され,また骨格変形や合併症を最小限に抑制できる可能性がある.本ガイドラインは,患児の特性や病態,罹病範囲や重症度に応じて,各専門医らが協力・連携して治療にあたれるよう,その共通の指針となるべく策定された.

目次

発刊にあたって
序文
Introduction
小児痙縮・ジストニア診療ガイドライン2023 作成組織
略語一覧
ガイドラインサマリー
小児痙縮・ジストニアのおもな治療アルゴリズム

第1章 痙縮とジストニア
 1-1 小児の筋緊張亢進の種類
 1-2 痙縮の定義
 1-3 ジストニアの定義
 1-4 原因不明の痙縮・ジストニアに行うべき検査

第2章 脳性麻痺
 2-1 脳性麻痺の定義
 2-2 脳性麻痺のおもな病型分類
 2-3 脳性麻痺の重症度分類

第3章 経口治療薬
 CQ3-1 脳性麻痺,痙縮・ジストニアの治療において,経口筋弛緩薬はどのような病型・重症度に推奨されるか?
 CQ3-2 どのような痙縮に経口筋弛緩薬が推奨されるか?
 CQ3-3 どのようなジストニアに経口筋弛緩薬が推奨されるか?
 CQ3-4 ジアゼパムの効果と副作用は?
 CQ3-5 チザニジンの効果と副作用は?
 CQ3-6 ダントロレンナトリウムの効果と副作用は?
 CQ3-7 バクロフェンの効果と副作用は?
 CQ3-8 トリヘキシフェニジルの効果と副作用は?
 CQ3-9 レボドパはどのようなジストニアに有効か?
 CQ3-10 多剤併用は有効か?
 CQ3-11 経口筋弛緩薬以外に,効果が期待できる薬剤は?

第4章 ボツリヌス治療
 CQ4-1 脳性麻痺,小児痙縮・ジストニアの治療において,ボツリヌス治療はどのような病型・重症度に推奨されるか?
 CQ4-2 ボツリヌス治療は何歳から治療できるか?
 CQ4-3 ボツリヌス治療はいつまで続けられるか?
 CQ4-4 ボツリヌス治療は軽症の脳性麻痺に推奨されるか?
 CQ4-5 ボツリヌス治療は重症の脳性麻痺に推奨されるか?
 CQ4-6 ボツリヌス治療中のモニターは有用か?

第5章 バクロフェン髄腔内投与療法
 CQ5-1 脳性麻痺,痙縮・ジストニアの治療において,バクロフェン髄腔内投与(ITB)療法はどのような病型・重症度に推奨されるか?
 CQ5-2 バクロフェン髄腔内投与(ITB)療法は,何歳から治療できるか?
 CQ5-3 バクロフェン髄腔内投与(ITB)療法は,どのような痙縮に推奨されるか?
 CQ5-4 バクロフェン髄腔内投与(ITB)療法は,どのようなジストニアに推奨されるか?
 CQ5-5 バクロフェン髄腔内投与(ITB)療法は,どのような合併症あるいは副作用があるか?

第6章 脊髄後根切断術
 CQ6-1 脳性麻痺,痙縮の治療において,脊髄後根切断術はどのような病型・重症度に推奨されるか?
 CQ6-2 脊髄後根切断術は何歳から治療できるのか?
 CQ6-3 脊髄後根切断術は,どのような痙縮に推奨されるか?

第7章 定位脳手術
 CQ7-1 小児ジストニアの治療において,定位脳手術はどのような病型・重症度に推奨されるか?
 CQ7-2 小児の二次性ジストニアの治療において,定位脳手術は推奨されるか?
 CQ7-3 遺伝性(一次性)ジストニアの治療において,定位脳手術は推奨されるか?
 CQ7-4 小児ジストニアに対する定位脳手術は何歳から治療できるか?

第8章 整形外科手術
 CQ8-1 脳性麻痺,(小児)痙縮・ジストニアの治療において,整形外科手術はどのような変形・拘縮に推奨されるか?
 CQ8-2 歩行改善のため,下肢の整形外科手術はいつ行うべきか?
 CQ8-3 下肢の拘縮・変形の改善のため,整形外科手術はいつ行うべきか?
 CQ8-4 股関節亜脱臼のため,整形外科手術はいつ行うべきか?
 CQ8-5 上肢機能改善に手術療法は推奨されるか?
 CQ8-6 脊柱変形に対する手術療法は推奨されるか?

付録
パブリックコメント・外部評価への返答
公開前評価への対応
文献スクリーニング

索引