医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

利用者の“動き出し”を引き出すコミュニケーション【電子版】

「動き出しは本人から」を実践する102の言葉

大堀 具視 (著)

出版社
中央法規出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2024/02/08
ページ数
238ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8058-8291-7
印刷版発行年月
2021/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

102の場面での具体的な声かけをもとに、利用者の言葉、表情、動き(=動き出し)を引き出すためのコミュニケーションについて解説した一冊。「動き出しは本人から」という、利用者主体の介護を行うためのかかわり方のポイントがわかる。

目次

第1章 見てもらう、感じてもらう
第2章 尋ねる
第3章 伺う
第4章 説明する、依頼する
第5章 期待して、信用する
第6章 変化に気づき、認める
第7章 ゆっくりふれる、そっと支える
第8章 「環境」を整える
第9章 生活をスタートさせる