医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

画像診断+IVRヒヤリ・ハット【電子版】

放射線診療安全向上研究会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28404-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
296ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,480 (本体¥6,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26748-4
印刷版発行年月
2015/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
102 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

限られた検査画像から診断を進めざるを得ない画像診断,一瞬の判断ミスが大事に繋がりかねないIVRでは,誰もが一度はヒヤリ・ハット!したことがあるはず.貴重なヒヤリ・ハット症例を満載し,ヒヤリ・ハットへ繋がった問題点・注意点を,会話形式などで親しみやすく解説した.ピンチに陥らない・克服するための,画像診断・IVRに携わる医師必読の一冊.画像診断症例を多数収載した『画像診断ヒヤリ・ハット-記憶に残る画像たち』の姉妹本.

目次

【内容目次】
I 画像診断のヒヤリ・ハット症例
 総論 文字と画像を見落とさないために
 A 頭・頭頸部
  CASE1 転移をきたすほどの肺癌は大きいはずで,進行しているはずだ!
  CASE2 脳転移なし.ホント?
  CASE3 下垂体腺腫でいいですか?下垂体腺腫でいいでしょう!
  CASE4 複視の原因は?
  CASE5 不明熱:髄膜炎をrule outしたい
 B 肺
  CASE1 多発肺炎かと思っていたら……
  CASE2 弱り目に,祟り目(ひどいことの上に,もっとひどいことが起きる)
  CASE3 敗血症,即ARDS ??
  CASE4 ARDS ?と思ったら,もう一捻り
  CASE5 「2年前の写真と比べたら陰影の変化がない」ということは陳旧性病変と言ってよいか?
  CASE6 肺塞栓症?
 C 血管
  CASE1 所見は1つじゃない
  CASE2 腹痛の超音波検査:どこを見ていますか?
  CASE3 絶滅危惧種
  CASE4 First Choice
  CASE5 手術だけで十分?
 D 肝胆膵
  CASE1 あらっ!いつの間に?
  CASE2 術後経過は良好です.ところで……
  CASE3 FDG-PETで集積のない肝腫瘤を見たとき,どんな返事をしますか?
  CASE4 胆管癌のスキップリージョン
  CASE5 前回と同様!?
 E 消化管
  CASE1 虫垂を探せ
  CASE2 スカウト像も重要
  CASE3 腎機能と不明熱
  CASE4 鈍的外傷後の腹水?
  CASE5 胸腔穿刺,こんなん出ましたけど!?
  CASE6 異常なし!
  CASE7 下腹部痛の原因は?
  CASE8 1つで安心しちゃダメ
  CASE9 思い込みは危険
  CASE10 造影剤アレルギー!&消化管壁肥厚は分単位
 F 腎臓・泌尿器
  CASE1 ドレナージで大丈夫?
  CASE2 Fine Play !
  CASE3 多重癌の経過観察.広範囲CTは要注意!
  CASE4 free airと腹水があるけど……
  CASE5 突然の腹水増加と急性腎不全
  CASE6 まず臨床情報なしで,pureな眼で画像を観察しよう!
  CASE7 膀胱バルーンはどこに?
  CASE8 整形外科通院中の罠
  CASE9 後腹膜の血腫?
 G 婦人科
  CASE1 卵巣癌の播種再発
  CASE2 ホントに卵巣腫瘍?
  CASE3 卵巣癌で間違いないよね?
 H 小 児
  CASE1 繰り返す腹痛の原因は?
  CASE2 歩けないのはどこのせい?
 I PET
  CASE1 病気などしたことありません
  CASE2 打撲はかなり前なのに
  CASE3 肺メタメタ(原発は?)
 J 骨軟部
  CASE1 良性?生検結果にご用心
  CASE2 腹痛は内臓の痛み!?
  CASE3 骨折診断には骨条件?
  CASE4 本当に上腕骨原発腫瘍?
  CASE5 腸腰筋に注意!
 K その他
  CASE1 見えますか?
  CASE2 力一杯心肺蘇生
  CASE3 明らかに見えている!?
  CASE4 消えたPTP?3Dにご用心
  CASE5 これはアーチファクト?
  CASE6 先端はどこ……?
最終診断一覧
II IVRのヒヤリ・ハット症例
 総論1 血管系IVRのヒヤリ・ハットの総論
 総論2 非血管系IVRのヒヤリ・ハットの総論
 A 血管系IVR
  CASE1 ガイドワイヤーはJ型かアングル型か?
  CASE2 見るべきところ
  CASE3 J型ガイドワイヤーでも迷入する
  CASE4 低位穿刺してしまった!
  CASE5 大腿静脈穿刺:ポッチャリさんは要注意
  CASE6 そのルートは本当に大丈夫?
  CASE7 先輩から聞いた忘れられない話1:ガイドワイヤーの端は固定せよ!
  CASE8 CVカテーテル断裂は予知できた
  CASE9 ありそうでない?やっぱりあった胸管破裂
  CASE10 ポート抜去術の落とし穴
  CASE11 空気塞栓!深呼吸は禁物!
  CASE12 遊離端のない断裂カテーテルのつかみ方
  CASE13 ポータブル写真のサインを見落とすな!
  CASE14 挿入したCV カテーテルの走行は大丈夫?
  CASE15 切れるよ!
  CASE16 切れるよ!の続き:吸引してみたら?
  CASE17 引っついて抜けない!
  CASE18 危惧しても,発症してしまった!
  CASE19 先輩から聞いた忘れられない話2:巨大肝細胞癌のTACE
  CASE20 先輩から聞いた忘れられない話3:TACE後門脈血栓
  CASE21 肺動静脈奇形塞栓時の左房へのコイル逸脱
  CASE22 指がくっついてしまった!
  CASE23 B-RTOの失敗!?
  CASE24 B-RTO施行中の後腹膜出血(ワイヤー操作で静脈穿孔?)
  CASE25 拡げてないところが痛い!
  CASE26 「腹部実質臓器は問題なし」って言っていいの?
  CASE27 仮性動脈瘤をパッキングしたのか?
  CASE28 出血源は?
  CASE29 樹脂ワイヤーの剥離・離脱!:金属製外套針にはご用心
  CASE30 塞栓する前には必ず多方向確認を!
  CASE31 脊椎腫瘍の動脈塞栓術で注意することは?
  CASE32 出血は再び起こる!
  CASE33 血性胸水の原因は?
  CASE34 ステントグラフトが動いた!
  CASE35 血管内のコイルが消化管に逸脱
  CASE36 アンラベルしたコイルは見えない?
  CASE37 先輩から聞いた忘れられない話4:血流改変でも虚血が起こる
  CASE38 拡張し過ぎ!
  CASE39 前置胎盤の帝王切開術で内腸骨動脈バルーン閉塞したのにもかかわらず大量出血!
  CASE40 フィルターが捕れない
  CASE41 フィルターが肺動脈に迷入!
  CASE42 肝動注リザーバーカテーテルが逸脱?
  CASE43 先輩から聞いた忘れられない話5:肝動注カテーテル留置時に発生した脳梗塞
  CASE44 内腸骨動脈とは限らない
 B 非血管系IVR
  CASE1 PVPであわや大動脈穿刺
  CASE2 経皮的椎体形成術:セメント注入時のヒヤリ・ハット!
  CASE3 RFA施行.安静解除後……
  CASE4 PTCDチューブが逸脱したら……
  CASE5 PTCD~内瘻化の経過中に度重なる出血が!
IVRのヒヤリ・ハットポイント集
IVRヒヤリ・ハット症例の検索用手技名と事象
索引
姉妺書「画像診断ヒヤリ・ハット」の最終診断一覧