医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

今日から使える

医療統計【電子版】

新谷 歩 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61954-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
176ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01954-5
印刷版発行年月
2015/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

米国で生物統計家として20年の豊富なキャリアを持つ著者が、熟知した「医療系論文に多用される統計」「論文査読でチェックされる要点」「医療者が研究に際し陥りがちなポイント」を解説。“できるだけ数式を使わず”に今日から使える統計学の知識を、各章に例題/具体例/サマリーを折り込みつつ読み物形式で伝授。論文を紐解くための統計学の極意がここに。大きな反響を呼んだ 「週刊医学界新聞」連載、待望の単行本化。

目次

Lesson 1 統計の基礎知識-統計ってなんだろう
 標準偏差の意味と計算の仕方,使い方
 データの傾向をとらえる平均と中央値-いつ平均・中央値を使う?
 正規分布をとらない歪んだデータの記述の仕方
 標準誤差
 信頼区間
 仮説検定-どうして「薬が効かない」からはじめるの?
 P値-出会いが運命? ミラクルの起きる確率
 信頼区間とP値
 標準偏差と標準誤差,信頼区間,どちらを使うか

Lesson 2 グラフの読み方・使い方
 研究で一番よく使われる棒グラフ,比較の精度はわからない
 棒グラフにエラーバーを付けてみよう
 データの分布を表すグラフ
 箱ひげ図の読み取り方
 平均値の群間比較のエラーバーとP値の関係

Lesson 3 単変量統計テストの選び方
 異なる検定で,異なる結果が出る,どうして?
 誤った解析結果は医療スキャンダル
 Let’s Try-研究に適した統計手法を選んでみよう!
 差をみるのか,相関をみるのか?
 比較データは対応しているか?
 アウトカムは,連続変数,2値変数,順序変数,
  名義変数のいずれに分類できるか?
 アウトカムが連続変数の場合,その分布は正規分布であるか?
 比較群間で比較を行うとき,比較群の数は2つか,3つ以上か?
 データの総数は?

Lesson 4 交絡と回帰分析モデル
 リンゴとミカンを比べない交絡のコンセプト
 交絡をどう防ぐかで臨床研究の質が決まる-リンゴをリンゴと比べるために
 回帰分析モデルの選択の仕方

Lesson 5 症例数とパワー計算
 症例数を増やせばいつか必ず有意差がでる
 研究を始める前に知っておいて欲しいこと
  -解析プランはデータをみないですべて立てておく
 1型エラーと2型エラー,無実の人が罪に問われるエラーと
  真犯人が野に放たれているエラー
 症例数計算に必要なデータ
 さあ,症例数計算してみよう-PSソフトの使い方
 アウトカムが生存,死亡のような2値変数の症例数の計算
  -NEJM研究例を用いて,さあトライ!
 よくある質問

Lesson 6 多重検定
 ボンフェローニの呪い
 見過ぎによる出過ぎ?
 多重検定の種類
 比較群が多い場合の補正法(偽発見率法)
 補正すべきか,否か,今でも高まる論争の行く手は?

Lesson 7 中間解析
 過剰な中間解析は誤った結果を導きかねない
 “見過ぎによる出過ぎ”をいかに補正するか
 中間解析について研究計画書に詳細な記載を

Lesson 8 多変量解析-説明変数の選び方
 交絡因子をいかに取り除くか
 説明変数は何個までモデルに入れられるか?
 説明変数の選び方
 交絡除去に対応できる症例数の確保を
 傾向スコアとは?

Lesson 9 ランダム化比較試験(RCT)におけるデータ解析
 表にP値は必要か?
 ランダム化の本当の意味-全体的なバランスをみる
 アウトカムの解析は補正すべき?

Lesson 10 インターアクション(交互作用)
 インターアクションを交互作用と理解するとわかりづらい
 インターアクションは交絡とは根本的に違う

Lesson 11 感度・特異度
 解釈が難しい感度・特異度解析
 陽性的中率は検査の理由によってここまで変わる?
 感度・特異度の隠れた個人差
 診断検査ツールを検証する際のチェックポイント
 感度・特異度でよく使われるROC曲線
 あまり使えないROC曲線に代わる統計量

Lesson 12 同等性・非劣性の解析
 同等性を示すにはどのような手続きが必要か
 信頼区間を使って,同等性,非劣性をみてみよう
 信頼区間を用いた症例数の計算方法

Lesson 13 カプランマイヤー曲線
 カプランマイヤー法の活用方法
 累積の生存率とリスク
 中途打ち切りのデータは計算上どう扱うか

索引