医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

乳癌診療アプリケーションノート【電子版】

国立がん研究センター中央病院乳腺グループ (編集)

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98026-9
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
173ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-42101-4
印刷版発行年月
2014/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

国立がん研究センター中央病院乳腺グループの総力を結集した乳癌診療マニュアル!乳癌診療の流れに沿って,「診断・治療方法の方針」を箇条書きで簡潔に示すとともに,なぜその方法を選択することになるのか,根拠となった「エビデンス」を提示し,これを実地臨床に落とし込むための「考察」をまとめました.診療方針の組み立てにご活用下さい.

目次

第I章 基本的評価

1.Staging
 1 clinical staging
 2 pathological staging

2.病理組織学的評価
 1 総 論
 2 検体の取り扱い
  1.固 定
  2.切り出し
  3.包埋,薄切,染色
 3 組織学的Gradeの評価
  1.浸潤癌
  2.非浸潤癌
 4 脈管浸潤の評価
 5 ホルモン受容体の評価
 6 HER2の評価
 7 Ki67の評価
 8 Oncotype Dx
 9 センチネルリンパ節の評価
10 部分切除標本の断端評価
11 術前化学療法症例

3.卵巣機能の評価


第II章 Primary Breast Cancer

1.局所療法:手術
 1 乳 房
  1.術 式
  2.術前検査と乳房の術式の適応
  3.乳房温存療法後の断端の評価と対応
 2 腋 窩
  1.術 式
  2.センチネルリンパ節生検の適応
  3.センチネルリンパ節生検の手技
  4.センチネルリンパ節生検後の治療
 3 乳房再建
  1.乳房再建の時期,手術回数による分類
  2.適 応
  3.術 式
  4.乳房再建の追加手術
  5.乳房部分切除に対する再建術

2.術後放射線療法
 1 乳房切除例
  1.対 象
  2.照射範囲,照射線量
 2 乳房温存例
  1.対 象
  2.照射範囲,照射線量
 3 術前化学療法症例
  1.対 象
 4 照射のタイミング

3.術後薬物療法
 1 浸潤癌の術後薬物療法
  1. 術後薬物療法の適応
   ①ホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌
   ②HER2陽性乳癌
   ③ホルモン受容体陰性HER2陰性(triple negative)乳癌
  2.術後薬物療法の内容
   ①化学療法
   ②内分泌療法
   ③trastuzumab
 2 DCIS症例
  1.乳房温存の場合
  2.乳房切除の場合
 3 アロマターゼ阻害薬の使用例,SSRI内服例への対応
  1.アロマターゼ阻害薬使用患者の骨密度減少への対応
  2.SSRI内服患者への対応

4.術前薬物療法
 1 手術可能乳癌
  1.対 象
  2.治 療
 2 局所進行乳癌(Stage ⅢB/ⅢC)
 3 術前化学療法症例の術後内分泌療法
 4 術前化学療法後のnon─pCR症例
 5 術前内分泌療法
 
5.術後フォローアップ
 1 原 則
 2 問診,視触診
 3 乳房画像診断
 4 婦人科検診
 5 その他の検査(CT,骨シンチグラフィ,PET,腫瘍マーカーなど)
 6 患者教育
 7 術後リンパ浮腫への対応
  1.退院オリエンテーションにおけるリンパ浮腫予防指導
  2.リンパ専門外来でのリンパ浮腫発症時のケア
 8 地域連携

6.男性乳癌

7.妊孕性保持支援

8.遺伝カウンセリング・遺伝子検査
 1 遺伝カウンセリング
  1.遺伝カウンセリングとは
  2.遺伝カウンセリング外来の受診を勧める場合
 2 遺伝子検査
 3 BRCA1/2遺伝子検査で異常が認められなかった場合のリスク評価
 4 BRCA1/2遺伝子検査陽性例に対する予防的介入


第III章 Metastatic Breast Cancer

1.基本原則
 1 転移・再発乳癌の治療総論(治療の目標,目的)
 2 転移・再発乳癌の治療の流れ
 3 再発例に対する再生検

2.薬物療法
 1 内分泌療法
  1.適 応
  2.治療選択の目安
  3.各種内分泌療法
 2 化学療法/分子標的療法
  1.レジメン選択の目安
   ① HER2陰性乳癌
   ② HER2陽性乳癌
  2.化学療法
  3.分子標的療法
   ① 抗HER2薬
   ② その他の分子標的療法
  4.ホルモン受容体陽性例への対応
  5.各病態別の化学療法
   ① PS不良例,高齢者
   ② 臓器機能不良例(肝機能,腎機能,骨髄機能低下時)におけるレジメン選択

3.病態別の治療
 1 局所再発
  1.切除不可能な場合
  2.切除可能な場合
 2 単発の遠隔転移
 3 中枢神経転移
  1.3cm以下の単発性転移性脳腫瘍
  2.3cm以上の単発性転移性脳腫瘍
  3.多発性脳転移性脳腫瘍(いずれの病変も3cmを超えない)
  4.多発性脳転移性脳腫瘍(3cm以上の病変を含む)
  5.癌性髄膜炎
   ① 原 則
   ②Ommaya reservoirの適応
   ③ 投与薬剤
   ④ 水頭症
 4 骨転移
  1.原 則
  2.治 療
   ① 各治療法の適応
   ② 長管骨の場合
   ③ 脊椎の場合
  3.コルセット・装具の適応
  4.リハビリテーションのタイミング
  5.bone modifying agents (zoledronateまたはdenosumab)の適応
 5 悪性胸水,癌性腹膜炎
  1.悪性胸水
  2.癌性腹膜炎

4.疼痛コントロール
 1 鎮痛薬の選択
 2 オピオイド変換の目安と切り替え方法

5.転移・再発乳癌における連携
 1 緩和ケアにおける連携
 2 地域連携

付表 主なレジメン・薬剤費一覧

索引