医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

チャートでわかる!がん外来化学療法のリアル【電子版】

チームで解決する18の副作用

聖マリアンナ医科大学病院腫瘍センター (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28635-5
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
148ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,132 (本体¥2,900+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26699-9
印刷版発行年月
2014/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
60 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

がん外来化学療法で遭遇することの多い18の副作用トラブルについて,薬剤の投与過程や副作用の発現時期,セルフケアのポイントまでを,医師・薬剤師・看護師が詳しく解説.症例の経過がわかるオリジナルのチャートで各スタッフがどのように対処しているのかもよくわかる.入職間もない医療スタッフにもお勧め.明日から使える実践的な知識が身につく一冊.

目次

【内容目次】
I がん外来化学療法のチーム医療とは
 1 チーム医療の重要性
  A.腫瘍センターの体制
  B.外来化学療法における安全性と効率化の両立-チーム医療の重要性
   1.外来化学療法における安全性の向上
   2.外来化学療法における効率化の試み
 2 がん外来化学療法の流れ
  A.外来化学療法導入時の流れ
   1.初回診察時
    (1)医師からのインフォームドコンセント
    (2)薬剤師からの治療のスケジュール・副作用の説明
    (3)看護師からのセルフケアの情報提供
   2.初回外来化学療法施行時
  B.外来化学療法施行継続時の流れ
  C.経口抗がん剤治療時の流れ
 3 チーム医療に欠かせない備品
  A.説明パンフレット
  B.支持療法薬セット
  C.緊急時対応フローチャート
  D.副作用症状マークシート
II 症例で学ぶがん外来化学療法
 1 消化器がん
  XELOX+BV
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 56歳,女性(160cm,55kg),画家,大腸がんstageV
  FOLFIRI+Cmab
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 74歳,男性(170cm,67kg),無職,妻(72歳)と2人暮らし,大腸がんstageIV
  S-1+CDDP
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 54歳,男性(166cm,54kg),胃がんstageIV,仕事が忙しく入院したくない希望が強い
  SORAFENIB
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 72歳,男性,肝細胞がんstageIVA,Child-Pugh分類A
 2 乳がん
  FEC
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 50歳,女性(150cm,50kg),主婦,健診で指摘,乳がん術前化学療法
  DTX+HCN
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 34歳,女性(155cm,50kg),接客業,乳房腫瘤を自覚,乳がん術前化学療法
  LAPATINIB+CAPECITABIN
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 38歳,女性(155cm,48kg),主婦,3歳男児あり,パートのレジ打ち,乳がんstageIV
 3 肺がん
  CARBOPLATIN+PTX
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 66歳,男性(160cm,55kg),非小細胞肺がんstageIV,EGFR変異なし,ALK転座なし
 4 血液がん
  R-CHOP
   A.レジメと副作用情報
   B.投与前の注意点-医療者間で共有する内容
   C.導入時の指導ポイント-患者に伝える内容
   D.症例 59歳,男性(168cm,60kg),会社員,びまん性大細胞型B細胞リンパ腫stageII
III がん専門施設以外での悩みに答えます
 Q1.新人や新しく異動してきた人の教育をどのように行ったらよいでしょうか?(薬剤師・看護師からのQuestion)
  A1-1.薬剤師からのAnswer
  A1-2.看護師からのAnswer
 Q2.外来化学療法室を立ち上げるときに整備しておいたほうがよいことを教えてください(看護師からのQuestion)
  A2.看護師からのAnswer
 Q3.前投薬などの支持療法をどのように統一したらよいでしょうか?(薬剤師からのQuestion)
  A3.薬剤師からのAnswer
 Q4.薬剤師の人数が足りません.どのような工夫をしていますか?(薬剤師からのQuestion)
  A4.薬剤師からのAnswer
 Q5.当病院/クリニックには,患者・家族の心理社会的問題への相談支援部門がありません
  A5.医療ソーシャルワーカーからのAnswer
 Q6.がん相談支援センターはどのようにできたのですか?
  A6.医療ソーシャルワーカーからのAnswer
 Q7.どのように薬剤師,看護師とコミュニケーションをとればよいかわかりません(医師からのQuestion)
  A7.医師からのAnswer
IV 新たな取り組み
 A.薬物治療共同管理(CDTM)とは
 B.抗EGFR抗体による皮膚障害対策チームの結成
 C.CDTMを取り入れたプロトコールの作成
 D.CDTMの流れ
 E.CDTMを継続するために
付録 Common Terminology Criteria for Adverse Events(CTCAE)version 4.0
索引