医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

門脈圧亢進症診療マニュアル【電子版】

食道・胃静脈瘤の診かたと治療

日本門脈圧亢進症学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25447-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
190ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,344 (本体¥6,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25706-5
印刷版発行年月
2015/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

内科医・外科医・放射線科医の相互連携が求められる門脈圧亢進症について,その診療の実際を体系的かつ簡潔平易にまとめた診療マニュアル.病態,診断と治療選択,および内視鏡治療・IVR・外科的治療の標準的な治療法を実践的に解説.肝臓を診る全ての医師・研修医のための日本門脈圧亢進症学会公式テキスト.

目次

【内容目次】

第I章 門脈圧亢進症の病態,診断
 1.門脈圧亢進症の発生機序と病態生理
 2.食道・胃静脈瘤の内視鏡診断
 3.食道・胃静脈瘤の超音波内視鏡診断
 4.食道・胃静脈瘤出血の危険因子
 5.体外式超音波による門脈圧亢進症の病態診断
 6.造影超音波
 7.門脈血行動態
  a)3D-CT
  b)EVIS
  c)血管造影

第II章 門脈圧亢進症の治療手技
  1.消化管静脈瘤治療のストラテジー
 A.内視鏡治療
  1.食道静脈瘤
   a)出血例に対するEVL,EIS
   b)待期・予防例に対するEVL
   c)待期・予防例に対するEIS
   d)地固め療法(1):EIS
   e)地固め療法(2):APC
  2.胃穹窿部静脈瘤
   a)出血例に対するCA局注
   b)待期・予防例に対するCA-EIS
  3.異所性静脈瘤の診断と内視鏡治療
   a)十二指腸静脈瘤
   b)直腸静脈瘤
 B.IVR
  1.B-RTO
  2.PTO,TIO
  3.TIPS
  4.PSE
 C.外科的治療
  1.直達手術,Hassab手術
  2.シャント手術
  3.腹腔鏡下脾臓摘出術

第III章 門脈圧亢進症のマネジメント・特殊な病態
 1.マネジメント
  a)薬物療法(1):バソプレシン,β遮断薬など
  b)薬物療法(2):PPI,ARBなど
  c)バルーンタンポナーデ法(S-Bチューブなど)
  d)栄養療法
 2.特殊な病態
  a)門脈圧亢進症性胃腸症
  b)門脈血栓症
  c)難治性腹水,特発性細菌性腹膜炎(SBP)
  d)肝移植

付録
 付録1:IPH,EHO,Budd-Chiari症候群の診断ガイドライン
 付録2:日本門脈圧亢進症学会の技術認定と技術認定制度

索引