医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

メカニズムから読み解く 痛みの臨床テキスト【電子版】

小川 節郎 (編)

日本大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28565-5
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
262ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,480 (本体¥6,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26135-2
印刷版発行年月
2015/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
100 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

症状かつ治療対象の「痛み」に対し大局的観点よりその発生・慢性化のメカニズムを捉え,多領域にわたる痛み研究の成果を実臨床に結びつけて平易に解説した実際書.総論では<痛みの性質><メカニズム><評価法>について,最近の知見を交えて解説し,各論では代表的な各種の痛みに関するメカニズムと評価・治療方針を提示する.痛み診療に携わるすべての医師に最適な一冊.

目次

【内容目次】
I 総論
 A 痛みの一般的性質(定義,分類)
  1.時間経過による分類
   a 急性痛
   b 慢性痛
  2.病因による分類
   a 侵害受容性疼痛
   b 神経障害性疼痛
   c 非器質的疼痛(心因痛)
   d がん性疼痛(がん治療に伴う痛みも含む)
  3.原因部位による分類
   a 表在性疼痛
   b 深部の体性痛
   c 内臓痛
   d 関連痛
 B 痛みの発生メカニズム
  1.侵害受容器での侵害刺激の変換機構
  2.脊髄における侵害情報の処理
  3.脊髄からの上行路と痛みの発生機序
 C 鎮痛のメカニズム(痛みの内因性抑制機構)
  1.ゲートコントロール理論の今
  2.脊髄における痛みの調節
  3.中枢神経内における痛みの調節
 D 痛みの慢性化のメカニズム
  1.痛みの慢性化のメカニズム
 E 痛みの診断・評価法
  1.痛みの強さの評価
  2.痛みの性質の評価
  3.知覚・痛覚定量分析装置を用いた痛みの強さの評価法
  4.ドラッグチャレンジテスト
  5.痛みの電気生理学的検査
  6.痛みの心理学的検査
  7.痛みの脳画像診断
II 各論
 A 体性深部痛
  1.筋肉痛
  2.関節痛
  3.鞭打ち損傷など
 B 口腔顔面痛
  1.歯痛
  2.顎関節機能異常症候群
 C 頭痛
  1.片頭痛
  2.群発頭痛
  3.緊張型頭痛
  4.その他の一次性頭痛
 D 内臓痛
  1.内臓痛
 E 神経系の異常による痛み
  1.末梢神経の圧迫および絞扼による痛み
  2.求心路遮断痛
  3.術後求心路遮断痛
  4.中枢神経系の障害による求心路遮断痛
  5.神経痛
  6.複合性局所疼痛症候群(CRPS)
 F 線維筋痛症
  1.線維筋痛症
 G がん性疼痛
  1.がんの進行に伴う痛み
  2.がんの治療に関連した痛み
索引