医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座【電子版】

せん妄予防と早期離床のために

道又 元裕 (監)

杏林大学医学部付属病院看護部長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28641-6
電子版発売日
2016/06/20
ページ数
168ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

特記事項
この電子版では検索機能の結果において索引用語が正確に表示されない場合があります。
印刷版ISBN
978-4-524-26167-3
印刷版発行年月
2015/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

集中治療室で看護師が行っている鎮痛・鎮静管理を平易に解説した,ベッドサイドですぐに活用できる実践書.PADガイドラインやABCDEバンドルといった最新の情報に対応.鎮痛・鎮静における看護をビギナーからベテランまでが理解し実践できるように,難易度別に構成.せん妄の予防や早期離床の考えについても解説しており,クリティカルケア領域の看護師必携の一冊.

目次

【内容目次】
PART1 ビギナー編
 1 鎮痛・鎮静管理の基本を知ろう
  1.鎮痛とは?
  2.鎮静とは?
  3.不穏とは?せん妄とは?
  4.鎮痛と鎮静はどのような関係にある?
  5.鎮痛・鎮静管理はどのような流れで行う?
 2 評価スケールを使おう
  1.痛みの評価スケール
   BPS(behavioral pain scale)
   CPOT(critical-care pain observation tool)
  2.鎮静の評価スケール
   RASS(Richmond agitation-sedation scale)
   SAS(sedation-agitation scale)
 3 くすりを知ろう
  1.鎮痛薬には何がある?
   フェンタニル
   モルヒネ
  2.鎮静薬には何がある?
  ミダゾラム
  プロポフォール
  デクスメデトミジン
PART2 ベーシック編
 1 鎮静の弊害を知ろう
  1.鎮静し過ぎると何がいけない?
  2.鎮静による弊害はどうやって防げばよい?
 2 抑制について考えよう武内龍伸
  1.抑制とは?
  2.抑制は患者にどのような影響を与える?
  3.抑制に法的な問題はない?
  4.ICUで抑制はどのような判断・手続きで行われている?
  5.ICUで抑制をなくすにはどうしたらよい?
EXTRA 番外編
 せん妄についてくわしく学ぼう
  1.せん妄の症状・分類・発症原因を知ろう
  2.せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?
  3.せん妄の評価はどのように行う?
   CAM-ICU(confusion assessment method for the ICU)
   ICDSC(intensive care delirium screening checklist)
PART3 アドバンス編
 1 早期離床を目指そう
  1.早期離床とは?
  2.早期離床はどのように行う?
  3.早期離床のためにはどのような鎮痛・鎮静管理がよい?
  4.早期離床に向けた上手な鎮痛・鎮静管理とは?
 2 PADガイドライン・ABCDEバンドルを活用しよう
  1.PADガイドライン
  2.ABCDEバンドル
PART4 プラクティス編
 鎮痛・鎮静管理を実践しよう
  1.人工呼吸管理中の患者の鎮痛・鎮静管理
  2.NPPV管理中の患者の鎮痛・鎮静管理
  3.非人工呼吸管理の患者の鎮痛・鎮静管理
  4.病態別の患者の鎮痛・鎮静管理
   1)病態や治療によって鎮痛・鎮静管理はどうなるのか?
   2)病態・治療別の鎮痛・鎮静管理(1)-急性心不全
   3)病態・治療別の鎮痛・鎮静管理(2)-ARDS
   4)疾患・治療別の鎮痛・鎮静管理(3)-敗血症
  5.術式別にとらえた術後患者の鎮痛・鎮静管理
   1)術後になぜ鎮痛・鎮静が必要か
   2)術式別の術後の鎮痛・鎮静管理(1)-心臓血管外科手術後
   3)術式別の術後の鎮痛・鎮静管理(2)-消化器外科(食道がん)手術後
   4)術式別の術後の鎮痛・鎮静管理(3)-呼吸器外科手術後
  6.鎮痛・鎮静管理時に注意すべき看護ケア
   1)脳低体温療法
   2)自己コントロール支援
   3)コミュニケーション
   4)患者さんの状態に配慮したケア
   5)患者家族へのケア・かかわり
索引