医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

呼吸器疾患最新の治療2016-2018【電子版】

杉山 幸比古 (編)

自治医科大学呼吸器内科

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25526-9
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
500ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,800 (本体¥10,000+税8%)

特記事項
※この電子版は旧版です。すでに改訂版が刊行、電子化されています。
印刷版ISBN
978-4-524-25834-5
印刷版発行年月
2016/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

最新情報と治療方針を整理し,簡潔にまとめた「最新の治療」シリーズの呼吸器版.巻頭トピックスでは,「高速シークエンサーと疾患診断技術開発」「生物学的製剤と呼吸器疾患」「中東呼吸器症候群(MERS)」などの注目テーマを取り上げた.各論では治療方針,処方の実際から患者管理,生活指導までを具体的に記すとともに,治療に関する最新の知見を紹介し,呼吸器診療のすべてを網羅する.

目次

【内容目次】
I 巻頭トピックス
 1.高速シークエンサーと疾患診断技術開発
 2.microRNA研究と癌診療-次世代がん診断国家プロジェクトも含めて
 3.コンパニオン診断薬の展望
 4.生物学的製剤と呼吸器疾患
 5.肺移植の現状
 6.中東呼吸器症候群(MERS)
 7.深在性真菌症ガイドラインupdate-肺アスペルギルス症
 8.肺炎の予防戦略update
 9.呼吸器感染症における網羅的細菌叢解析による原因菌検索法
 10.COPDのphenotype
 11.閉塞性細気管支炎の現況
 12.特発性肺線維症の新治療
 13.特発性肺線維症の基礎
 14.難治性稀少肺疾患の治療開発
 15.EBUSと気管支鏡
II 主な呼吸器用薬剤の作用機序と適応
 1.鎮咳薬
 2.去痰薬
 3.気管支拡張薬
 4.抗アレルギー薬
 5.抗炎症・免疫抑制薬(マクロライドも含む)
 6.副腎皮質ステロイド薬
 7.抗癌薬
 8.抗菌薬
III 呼吸器疾患の治療手技
 1.気管挿管/気管切開
 2.酸素療法の適応と投与法
 3.侵襲的人工呼吸の適応とウィーニング
 4.NPPV(非侵襲的陽圧換気)の急性呼吸不全における適応と実際
 5.胸腔穿刺/胸腔ドレナージ
 6.心膜腔穿刺法と開窓術
 7.気道狭窄治療-レーザー治療とステント治療
 8.在宅酸素療法の適応と導入
 9.肺理学療法
 10.運動療法の実際
 11.在宅人工呼吸療法の適応
IV 呼吸器系の救急治療
 1.慢性呼吸不全の急性増悪
 2.重症喘息発作
 3.喀血
 4.気胸
 5.胸水
 6.気道異物(成人)
 7.化学物質の吸入
 8.気道熱傷
 9.溺水
 10.高地肺水腫
V 呼吸不全と呼吸調節障害
 1.急性呼吸不全とARDS
 2.慢性呼吸不全
 3.睡眠時無呼吸症候群
 4.原発性肺胞低換気症候群
 5.過換気症候群
VI 呼吸器感染症
 1.かぜ症候群と急性気管支炎
 2.百日咳(成人)
 3.原因菌不明の肺炎(市中肺炎,院内肺炎,医療・介護関連肺炎を含む)
 4.マイコプラズマ肺炎
 5.クラミジア・ニューモニエ肺炎
 6.オウム病
 7.Q熱
 8.レジオネラ肺炎
 9.肺膿瘍
 10.肺クリプトコックス症とその他の肺真菌症
 11.MRSA肺炎
 12.緑膿菌感染症
 13.肺結核(症)
 14.結核性胸膜炎
 15.非結核性抗酸菌症
 16.寄生虫,リケッチアによる肺感染症
 17.ニューモシスチス肺炎
 18.誤嚥性肺炎
VII 閉塞性肺疾患と気道系疾患
 1.気管支喘息
 2.咳喘息
 3.COPD(慢性閉塞性肺疾患)
 4.びまん性汎細気管支炎/副鼻腔気管支症候群
 5.気管支拡張症
VIII 間質性肺疾患
 1.急性間質性肺炎
 2.特発性肺線維症
 3.非特異性間質性肺炎(NSIP)
 4.特発性器質化肺炎(COP/BOOP)
 5.肺Langerhans細胞組織球症
 6.慢性好酸球性肺炎
 7.肺胞蛋白症
 8.リンパ脈管筋腫症
 9.肺胞微石症
IX 免疫・アレルギー性肺疾患
 1.サルコイドーシス
 2.過敏性肺炎
 3.アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)
 4.急性好酸球性肺炎
 5.ANCA関連肺疾患
 6.granulomatosis with polyangiitis(GPA,Wegener肉芽腫症)
 7.Goodpasture症候群
 8.IgG4関連呼吸器疾患
X 医原性肺疾患
 1.薬剤性肺障害
 2.放射線肺炎
 3.造血幹細胞移植後の呼吸器合併症
XI 肺循環障害
 1.肺血栓塞栓症
 2.肺動脈性肺高血圧症
XII 全身性疾患による肺病変
 1.腎不全,透析患者の肺合併症
 2.膠原病の肺病変
 3.エイズ(HIV感染症)の肺病変
 4.血液疾患(白血病,悪性リンパ腫)の肺病変
XIII 腫瘍性疾患
 1.肺癌の外科治療
 2.小細胞肺癌の治療(手術適応と化学療法)
 3.非小細胞肺癌の治療
 4.肺癌合併症への対策
 5.肺癌の緩和ケア
 6.抗癌薬の副作用対策
 7.縦隔腫瘍
 8.転移性肺腫瘍
 9.胸膜中皮腫
XIV 先天性異常・形成不全
 1.肺分画症
 2.肺動静脈瘻(肺動静脈奇形)
XV 呼吸器疾患の患者指導
 1.妊婦への呼吸器系薬の処方に際しての留意点と患者指導
 2.慢性呼吸不全患者の日常生活指導と訪問看護(現状と問題点)
 3.慢性呼吸不全患者に対する栄養指導
 4.誤嚥性肺炎防止のための患者指導
 5.肺癌の外来管理
 6.禁煙指導の実際
巻末付録-薬剤一覧表
索引