医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

治療を支える疾患別リハビリテーション栄養【電子版】

リハと栄養はベストカップル

森脇 久隆 (編)

岐阜大学学長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25527-6
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
324ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25745-4
印刷版発行年月
2016/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

各専門領域の疾患・病的状態の治療成績を向上させるために,NST専門療法士や医師に求められるリハビリテーション栄養の実践的知識をまとめたマニュアル.栄養アセスメントから栄養療法のプランニング,リハビリテーションの実際まで症例提示を交えて解説し,リハビリテーション栄養のポイントや注意点,もたらされる効果など臨床現場で役立つプラクティカルな内容を学ぶことができる.

目次

【内容目次】
I 栄養とリハビリテーションの総論
 1.治療を支えるリハビリテーション栄養
  A.リハビリテーション栄養の考え方
  B.サルコペニアの考え方
 2.治療を支える栄養療法
  A.栄養学の基礎
  B.骨格筋に及ぼす飢餓と侵襲の影響
  C.栄養管理計画の策定
  D.骨格筋のエネルギー代謝
  E.筋肉増強を目指した栄養管理とサプリメント
 3.治療を支えるリハビリテーションと運動療法
  A.理学療法概説
  B.運動と高次脳機能
  C.嚥下リハビリテーション概説
  D.廃用症候群の評価とリハビリテーション
 4.骨格筋と薬剤
  A.骨格筋を低下させる薬物療法
  B.骨格筋を増強させる薬物療法
  C.骨格筋量とがん化学療法
II 疾患とリハビリテーション栄養
 1.中枢神経・末梢神経疾患
  A.脳卒中
  B.パーキンソン病
  C.脊髄損傷
  D.末梢神経障害
 2.運動器疾患
  A.骨折
  B.化膿性疾患
  C.関節リウマチ
 3.循環器疾患
  A.急性心不全
  B.慢性心不全
  C.末梢動脈疾患
  D.リンパ浮腫
  E.心臓術後のリハビリテーション
 4.呼吸器疾患
  A.慢性閉塞性肺疾患
  B.誤嚥性肺炎・細菌性肺炎
 5.消化器疾患
  A.肝細胞癌術後
  B.肝炎,肝硬変・肝臓癌
  C.炎症性腸疾患
  D.胸部食道癌周術期
 6.糖尿病
 7.肥満(サルコペニア肥満)
 8.ICU関連筋力低下
 9.がん終末期
 10.腎疾患
 11.うつ病
III ライフサイクルとリハビリテーション栄養
 1.小児
 2.妊婦
  A.栄養療法
  B.リハビリテーション
 3.高齢者
索引