医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護管理と倫理の考えかた【電子版】

臨床のジレンマ30事例を解決に導く

鶴若 麻理 (編)

聖路加看護大学倫理学・生命倫理

出版社
学研メディカル秀潤社
電子版ISBN
978-4-05-915118-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
200ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,808 (本体¥2,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7809-1137-4
印刷版発行年月
2014/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

臨床で看護師が「患者の権利」「看護師自身の権利」をめぐって倫理的なジレンマに悩む30の事例を挙げ,そのジレンマの正体を明らかにしながら,看護管理・倫理の視点で,看護師が,看護管理者が,解決に向けてよりよい判断や行動ができるようなヒントを示す.

目次

第1章 倫理的ジレンマと向き合う看護管理と倫理のアプローチ
 1 なぜ看護管理と倫理なのか
 2 看護管理と倫理の視点からみる看護実践

第2章 事例から看護管理と倫理を考える
 1 患者の権利を守る
 2 看護師自身の権利を守る

第3章 倫理的実践が可能となる組織を目指して
 1 組織を変革することと臨床倫理委員会の活用/倉岡有美子