医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

母乳 育児 感染 第2版【電子版】

赤ちゃんとお母さんのために

水野 克己 (著)

昭和大学医学部小児科准教授,インフェクションコントロールドクター,国際認定ラクテーション・コンサルタント

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98101-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
152ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,700 (本体¥2,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-50302-4
印刷版発行年月
2012/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

待望の改訂2版出来!!最新の情報で赤ちゃんとお母さんを守りましょう!
初版発売から現在まで(4年間)に追加・変更のあった情報をアップデートした.
巻頭にはQ&Aを総論は母乳育児に関わる医療者が知っておくべき感染症の知識を,各論は感染症別に治療方法と母乳育児の際のポイントを簡潔に記載.

目次

CONTENTS
Q&A
お母さんからの質問

総 論

1 母乳育児のメリット
 母乳育児が母親にもたらすメリット
 母乳育児が児にもたらすメリット
 母乳育児が社会にもたらすメリット

2 母乳育児と感染に関する基本的事項
 母乳・授乳を通じての感染性の伝播について
 母乳や授乳行為による児の感染症予防効果
 母親の予防接種による特異的IgA抗体産生と児への感染予防効果の可能性
 児の感染経路

3 標準予防策ならびに各感染経路別の予防策
 感染予防策の基本
 感染対策における感染経路別予防策
 予防接種による予防
 母乳育ちの児と予防接種
 授乳中の母親と児が感染を予防するためにできること

各 論

 かぜ症候群:ライノウイルス,RSウイルス,アデノウイルス,エンテロウイルス,コクサッキーウイルスなど
 RSウイルス
 エンテロウイルス
 アデノウイルス
 ロタウイルス
 ノロウイルス
 アストロウイルス
 インフルエンザ
 ムンプスウイルス
 単純ヘルペスウイルス
 水 痘(みずぼうそう)
 帯状疱疹
 麻 疹(はしか)
 風 疹
 サイトメガロウイルス(CMV)
 パルボウイルスB19
 肝炎ウイルス
   A型肝炎ウイルス(HAV)
   B型肝炎ウイルス(HBV)
   C型肝炎ウイルス(HCV)
 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-1)
 EBウイルス
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)
 アルボウイルス
 ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)
 ヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)
 日本脳炎ウイルス
 結 核 菌
 ブドウ球菌
   メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)
   メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
 溶血性レンサ球菌(いわゆる溶連菌)
   A群レンサ球菌(GAS)
   B群レンサ球菌(GBS)
 ヘモフィルス属インフルエンザb型桿菌(Hib)
 肺炎球菌
 淋 菌
 クラミジア
 百 日 咳
 マイコプラズマ
 カンジダ
 マラリア
 梅毒トレポネーマ
 ミュータンス菌(Streptococcus mutans)
 ネコひっかき病(Bartonella henselae)
 中 耳 炎
 食 中 毒
   カンピロバクター(Campylobacter)
   サルモネラ(Salmonella)
   病原性大腸菌
   黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)
 ジフテリア(Corynebacterium diphtheriae)
 リステリア(Listeria monocytogenesis)


参考資料

母乳育児中のおくすりについて