医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

内科診療 ストロング・エビデンス【電子版】

谷口 俊文 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61779-6
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
340ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01779-4
印刷版発行年月
2014/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

週刊医学界新聞の好評連載「レジデントのためのEvidence Based Clinical Practice」をグレードアップして書籍化。新進気鋭の米国内科専門医が、コモン・ディジーズの標準治療と、その根拠を支える重要な臨床研究を紹介する。「すべての医療行為はエビデンスに基づいた標準治療を理解していることから始まる」(本書序文より)。米国流内科診療アプローチの真髄がここに!

目次

本書の使い方

Evidence Based Medicineの実践方法
 CAT(Critically Appraised Topic)
 EBMの情報源
 二次媒体の質の問題
 一次媒体の質の問題
 教科書や商業誌をどのようにとらえるか
 まとめ
1 喘息 Asthma
 急性期の治療の基本
 テオフィリン製剤の役割
 慢性期の治療の基本
 慢性期治療のステップの背景
 薬物療法以外で重要な治療
2 慢性閉塞性肺疾患 Chronic Obstructive Pulmonary Disease(COPD)
 急性増悪の管理
 病棟での管理
 安定期のCOPDの治療戦略
3 肺塞栓症 Pulmonary Embolism(PE)
 急性期のアセスメント
 急性期の治療
 どのような場合に血栓溶解療法(t-PA)を用いるか?
 IVC(下大静脈)フィルターの適応
 凝固性亢進のワークアップ
 ワルファリンによる抗凝固期間はどれくらい?
 ワルファリンと新抗凝固治療薬
4 脂質異常症 Dyslipidemia
 心血管疾患のリスク評価
 脂質異常症の治療
5 高血圧 Hypertension
 外来における高血圧の診断
 高血圧治療のエビデンスと考え方
6 心房細動 Atrial fibrillation
 急性心房細動(Rapid A-fib)への対応
 リズムコントロールとレートコントロール
 脳梗塞のリスク評価
7 急性肺水腫 Acute Pulmonary Edema
 急性肺水腫のアプローチ
 心不全診断におけるBNP
 急性心不全(AHFS:Acute Heart Failure Syndrome)の管理
8 慢性心不全 Chronic Heart Failure
 収縮機能不全による心不全
 非薬物療法
 BNPとNT-proBNP
 拡張機能不全による心不全
9 急性冠症候群 Acute Coronary Syndrome
 UA/NSTEMIの侵襲的治療戦略と保存的治療戦略
 治療のポイント
 スタチンについて
 ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の治療戦略
 ACSによる心原性ショック
10 一過性脳虚血 Transient Ischemic Attacks(TIA)
 TIAの診断
 TIAを診断されてからのアプローチ
 TIA発症後の脳梗塞の予防
 その他,病態に合わせた治療
11 非心臓手術時の循環器評価 Perioperative Cardiac Risk Assessment
 心疾患の術前評価
 予防的血行再建のエビデンス
 β遮断薬のエビデンス
 スタチンのエビデンス
12 周術期における薬物療法の管理 Perioperative Medication Management
 抗凝固薬の管理と考え方
 アスピリンの服用と出血のリスク
 その他の経口抗凝固・抗血小板薬
 ステロイドを服用している患者
 その他の内服薬の管理と考え方
 その他,食事や民間療法など
13 貧血 Anemia
 貧血の鑑別診断の基本
 輸血時におけるヘモグロビン(Hb)目標値
14 血小板減少症 Thrombocytopenia
 ヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia:HIT)
 その他の薬剤起因性血小板減少症(drug-induced thrombocytopenia)
15 認知症 Cognitive Impairment
 まずはスクリーニング
 薬物療法
16 2型糖尿病 Type 2 Diabetes
 2型糖尿病の診断
 2型糖尿病の治療
 糖尿病と脂質異常症
 糖尿病とアスピリン
 糖尿病と高血圧
 糖尿病と合併症のスクリーニング
17 入院中の高血糖 Hyperglycemia in hospitalized patients
 重症疾患の場合の血糖管理
 急性心筋梗塞の場合の血糖管理
 インスリン静注から皮下注射への切り替え
 ICU管理の必要がない入院患者
 インスリン皮下注射から退院計画へのアプローチ
18 糖尿病性ケトアシドーシスと高浸透圧高血糖症候群
 DKA(Diabetic Ketoacidosis)and HHS(Hyperosmolar Hyperglycemic State)
 糖尿病性ケトアシドーシスと高浸透圧高血糖症候群の診断
 糖尿病性ケトアシドーシスと高浸透圧高血糖症候群の治療
19 血清カリウム値の異常 Hyperkalemia and Hypokalemia
 低K血症
 高K血症
 尿細管アシドーシスの認識
20 血清ナトリウム値の異常 Hypernatremia and Hyponatremia
 ワークアップ
 Na補正のポイント
 低Na血症のポイント
 高Na血症のポイント
21 甲状腺機能亢進症と低下症 Hyperthyroidism and Hypothyroidism
 甲状腺機能亢進症の診断
 甲状腺機能低下症の診断
 甲状腺機能亢進症の治療
 thyroid storm(甲状腺クリーゼ)
 甲状腺機能低下症の治療
 粘液水腫昏睡(myxedema coma)
22 高尿酸血症/痛風 Hyperuricemia/Gout
 高尿酸血症の診断
 高尿酸血症の治療
 痛風の診断
 痛風の治療
23 急性腎傷害 Acute Kidney Injury(AKI)
 AKIへのアプローチ
 AKIの予防
 AKIにおける透析のタイミング
 体液量・腎灌流圧の維持と輸液
24 上部消化管出血 Upper GI Bleed
 アセスメントと初期対応
 消化性潰瘍による消化管出血のマネジメント
 肝硬変に伴う静脈瘤性消化管出血のマネジメント
25 関節炎 Arthritis
 関節痛へのアプローチ
 手指の関節所見
 RAの診断
 RAの治療
 変形性関節症(osteoarthritis:OA)の治療
26 市中肺炎 Community Acquired Pneumonia
 入院決定の指標
 治療までの時間
 治療薬の選択
 基礎疾患のない患者の市中肺炎エンピリック治療の処方例
 経口抗菌薬への切り替え
 治療期間
27 下痢症 Diarrhea
 急性下痢症のアプローチ
 慢性下痢症のアプローチ
 院内発生の下痢
 Clostridium difficile 感染
 ノロウイルス
28 院内感染症 Hospital Acquired Infections
 人工呼吸器関連肺炎(ventilator associated pneumonia:VAP)
 カテーテル関連血流感染(central line-associated blood stream infection:CLABSI)
 カテーテル関連尿路感染(catheter-associated urinary tract infection:CAUTI)
 手術部位感染(surgical site infection:SSI)
 Clostridium difficile 感染症
29 敗血症 Sepsis
 重症敗血症の支持療法

索引


[コラム]
 EffectivenessとEfficacy
 診断基準はc-statisticsに注目
 UpToDate?や総説の引用にはご注意
 Propensity Score Analysis(傾向スコア解析)とは
 多変量解析と交絡因子-その観察研究の結果は本当に正しいのか
 ジャーナルとインパクトファクターの関係
 動脈硬化性心血管疾患予防のための戦略
 質の高い研究を求めて:欠損値に注目!
 ベイズ統計学へのいざない
  「臨床医は誰もがベイジアンな考え方で診療している」
 あなたはそのメタ解析を信じられるか
 ガイドラインも批判的吟味が必要