医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

糖尿病の薬がわかる本【電子版】

桝田 出 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62160-1
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
176ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02160-9
印刷版発行年月
2015/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

同じように見える患者さん、なぜ処方されている薬が違うの? なぜ、この薬は使わないの? 飲み忘れた、服薬量を間違えたときの対応は? そんな糖尿病治療薬にまつわるさまざまな疑問を糖尿病専門医がわかりやすく解説。服薬指導・服薬管理だけでなく、食事をはじめとした生活習慣の改善・指導にも役立つ1冊。

目次

 はじめに

第I章 糖尿病と治療薬
 1.糖尿病治療薬の種類
 2.処方の基本的な考え方
 3.服薬指導の基本的な考え方
    Q 薬を飲まなければ低血糖にならない?
    Q 薬はやめられる?

第II章 糖尿病治療薬の特徴
 1.インクレチン関連薬
   インクレチン関連薬の作用機序/DPP-4阻害薬/GLP-1受容体作動薬
 2.インスリン分泌を促進する薬
   インスリン分泌促進薬の作用機序/スルホニル尿素薬(SU薬)/
   速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
 3.インスリン抵抗性改善薬
   インスリン抵抗性改善薬の作用機序/ビグアナイド薬/チアゾリジン薬
 4.糖の排泄・吸収を調節する薬
   SGLT2阻害薬/α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)
 5.インスリン製剤
    Q インスリン製剤の末尾の「R」と「N」とは?
    Q インスリン注射はなぜ「単位」で表現するの?
    Q 糖尿病注射薬の保管方法が,開封前後で異なるのはなぜ?

第III章 2型糖尿病患者への処方
 1.肥満
 2.脂質異常症
 3.高血圧
 4.心血管疾患
 5.腎障害
 6.その他の合併症
   網膜症/神経障害/足病変
 7.痩せ型
 8.肝障害
 9.高齢者
 10.妊産褥婦
 11.ステロイド糖尿病
 12.インスリン療法が必要な場合
    Q 薬は減らせる?
    Q 服薬・注射する薬や量を間違えた場合の対処法は?
    Q 2型糖尿病患者がステロイドを処方されたらどうする?

第IV章 1型糖尿病患者への処方
 1.1型糖尿病処方の基本的な考え方
 2.緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)
 3.劇症1型糖尿病
 4.肥満1型糖尿病
 5.不安定型1型糖尿病
 6.小児1型糖尿病
    Q 「注射し忘れた」といわれたら?
    Q インスリン注入器に血液が逆流したり,空気が混入したら?

 付録 カートリッジ交換型注射器 仕様等比較表/
     カートリッジ一体型注射器 仕様等比較表

 索引 重要語索引/薬剤索引