医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪看護ワンテーマBOOK≫

退院支援実践ナビ【電子版】

宇都宮 宏子 (編著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61321-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
144ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01321-5
印刷版発行年月
2011/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

在院日数短縮に伴い注目が高まる退院支援。医療依存度の高い患者の退院・在宅療養生活への移行には、入院早期、ひいては外来通院中からの、看護師による「生活目線」の退院支援がカギとなる。退院調整部門はもちろん、すべてのスタッフ、看護管理者に求められる退院支援の考え方、知識、方法論を、退院支援の第一人者の著者がナビゲート。

目次

第1章 退院支援ってなんだろう
 なぜいま、退院支援なのか
 なぜ、外来・病棟の看護師にも退院支援が必要なのか

第2章 3段階で理解する退院支援のプロセス
 退院支援の3つのプロセス
 第1段階[外来~入院後48時間以内] スクリーニングとアセスメント
  スクリーニングはできるだけ早期から/スクリーニングの実際/
  スクリーニングシートを活用しよう!
 第2段階[入院3日目~退院まで] 受容支援と自立支援
  受容支援と自立支援は不可分/具体的な生活をイメージして考える/
  医療管理上の課題と支援/生活・介護上の課題と支援/退院支援カンファレンス
 第3段階[必要となった時点~退院まで] サービス調整
  医療管理上の課題を在宅医療サービスにつなぐ/
  生活・介護上の課題をサービスにつなぐ/退院前カンファレンス

第3章 退院支援に必要な知識
 1.栄養
 2.呼吸管理(在宅人工呼吸療法)
 3.排泄
 4.褥瘡
 5.糖尿病
 6.がん(在宅ターミナル)
 7.ストーマケア
 8.介護保険と諸制度