医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

在宅ケアの不思議な力【電子版】

秋山 正子 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61047-6
電子版発売日
2016/07/18
ページ数
192ページ
 判型
B6
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,512 (本体¥1,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01047-4
印刷版発行年月
2010/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

医療・福祉・介護にかかわる専門職をつなぎながら、地域住民を巻き込み、さらにネットワークを広げ続ける著者が、在宅ケアにかかわるすべての人たちに伝える思い。

目次

 プロローグ

第一章 家庭で看取るがん患者-在宅ケアにかかわるきっかけ

第二章 訪問のなかで考えること-いのちに寄り添うケアを
 音楽や言葉のもつ力
 人生最後のすごい仕事!-認知症も穏やかな経過に
 救急車を呼ぶということは、どういうことなのか?
 もうちょっとそばにいてくれないかしら?-一人暮らしを貫いて
 いのちの自然な終わり-最期の時間の過ごし方
 動かさないと動けなくなる-廃用症候を防ぐ
 「聞き書き」との出合い、そして明治の母の看取り

第三章 あなたの思いを聞かせてください-喪の作業とグリーフケア
 看取りにまつわる個人的な体験から
 グリーフケア-個人的な経験を話すことが、人を動かす
 悲しみに、仕事としてかかわる
 語ること、表現することの大きな力
 最期の大事な「時」を迎える準備
 「看取りの語り部」になって安心の地域と人生の再生

第四章 まちをつくる-健やかに暮らし、安心して逝くために
 病気は家庭で治す-ライフケアシステムのめざしたこと
 足元の現実と地域のネットワーク-問題解決へのコミュニケーション
 「まち」をつくる
 誰もが自分の力を取り戻せる相談窓口-イギリスのマギーズセンターを参考に

 エピローグ/初出一覧/著者プロフィール