医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

小児の訪問診療も始めるための29のポイント【電子版】

前田 浩利 (編著)

医療法人財団はるたか会 理事長

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98211-9
電子版発売日
2016/09/19
ページ数
244ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-20951-3
印刷版発行年月
2016/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは2017年5月対応予定
必要メモリ容量
100 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

在宅医は緩和ケアや家族を含めたトータルケアのスキルをマスターしているため,小児の在宅医療を始めるにあたって大きなアドバンテージをもっています.本書では,そんな医師が「あと,こんなことがわかっていれば,小児の訪問診療を引き受けられる」というポイントを解説し,助けを必要としている子どもと家族のもとに行く道筋を示します.

目次

1.成人と小児の在宅医療には共通点がある
2.NICUから退院してくる子どもと家族の物語
3.在宅医療が必要な子どもの病態と特徴
4.病院から地域への意向を支援する
5.重症児特有の病態に対処する ①てんかん
6.重症児特有の病態に対処する ②呼吸障害と気道病変
7.重症児特有の病態に対処する ③筋緊張亢進,側彎・胸郭変形
8.重症児特有の病態に対処する ④唾液の垂れこみ
9.小児の呼吸管理をマスターする ①気管切開の管理
10.小児の呼吸管理をマスターする ②人工呼吸器(TPPV)管理
11.小児の呼吸管理をマスターする ③人工呼吸管理(NPPV)管理
12.小児の水分・栄養管理をマスターする ①成長発達と水分・栄養管理
13.小児の水分・栄養管理をマスターする ②哺乳・摂食・嚥下機能の獲得・維持を目指す  
14.小児の水分・栄養管理をマスターする ③小児特有のデバイスの選び方,使い方
15.小児の水分・栄養管理をマスターする ④逆流防止術
16.小児の水分・栄養管理をマスターする ⑤医療保険利用上の留意点
17.家族の思いを理解してコミュニケーションを取る
18.病院小児科医との有意義な連携を目指す
19.介護保険利用・成人との違いを理解して,訪問看護ステーションを活用する
20.介護保険利用・成人との違いを理解して,ヘルパーステーションを活用する
21.療育機関との有意義な連携を目指す
22.子どもたちの通う学校について知る
23.障害者総合支援法と児童福祉法を使いこなす
24.まずは予防接種を請け負ってみる
25.重症児の初期治療のポイントを押さえる
26.小児へのオピオイド鎮痛薬の使い方のコツを知る
27.筋ジストロフィー患者のエンド・オブ・ライフまでを支える
28.子どもと家族の意思決定を支援する
29.子どもを亡くした家族を見守る