医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ナニコレ?痛み×構造構成主義【電子版】

痛みの原理と治療を哲学の力で解き明かす

阿部 泰之 (著)

旭川医科大学病院

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25582-5
電子版発売日
2017/02/13
ページ数
162ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26587-9
印刷版発行年月
2016/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
72 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

“構造構成主義”という哲学から痛みを捉えようとする新たな試みの書.構造構成主義を用いて理論的に痛みを解説し,さらに,理論を臨床に役立たせる実例も併せて提示.親しみやすいイラストで,痛みを“哲学”することをやさしく解説した.痛みを診るすべての医療者はもちろん,痛みを理解したい一般の方へもおすすめの一冊.

目次

【内容目次】

はじめに(序章)
本書の構成
本書の読み方

1章 痛みをめぐる様々な問題
 痛みとは何か
  痛みとルネ・デカルト
  痛みとルードヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
 現代において痛みとは何か
  人が医療を求める一番の理由は“痛み”
  生物学的な視点から離れてみる
  現代医療では痛みは二の次?
  患者の期待を裏切る現代医療の枠組み
  困らない痛みと困る痛みがある
 いったい何が問題なのか
  痛みは科学的視点だけではよくできない
  人間はいつから痛みを「科学的」に捉え始めたのか~デカルトから読み解く
  「科学的」な視点で扱えるのは機械論的身体のみである
  痛みとは何か,それを“どう”考えたらよいか
 どうして哲学なのか

2章 構造化に至る軌跡の提示としての自己開示:志向相関的自己開示
 自己開示をすることの重要性
 構造化に至る軌跡とは
  人間の意味や価値を研究する場合には条件開示が重要になる
  志向相関的自己開示
 志向相関的自己開示-痛みの理解と対応の遍歴

3章 構造構成主義とは何か
 構造構成主義とは何か
  量的研究と質的研究の対立
  量的研究の背景は(論理)実証主義
  質的研究の背景は(社会)構築主義
  構造構成主義は違う世界観,世界認識を持つもの同士がわかり合うための理論
  構造構成主義は多元論
 原理とは
 構造構成主義の中核原理を理解しよう
  中核原理を理解する:(1)現象~立ち現れたすべてのもの
  中核原理を理解する:(2)志向相関性~受け取り方が変わると世界が変わる
  中核原理を理解する:(3)契機(相関性)~志向が生まれ,変わる「きっかけ」
  中核原理を理解する:(4)構造~契機志向相関的に構成され続けるもの
 その他の原理
 (5)戦略的ニヒリズム~あえてニヒルからスタートする
  そもそもニヒリズムとは
  あえてニヒルから始める
  構造構成主義における戦略的ニヒリズム
 (6)方法の原理~方法のよさは状況と目的によって決まる
 (7)問い方のマジック~どちらが正しいかという問いにはリスクがある

4章 構造構成的痛み論
 国際疼痛学会「痛みの定義」にみる限界
  画期的な痛みの定義―国際疼痛学会
  国際疼痛学会が痛みに対する(論理)実証主義的視点を強めた?
  スローガンだけでは現場は変わらない
 新しい痛みの定義とその意義
  痛みとして立ち現れたすべては痛みである
  痛みとは構造である
 理論の賞味期限?~賞味期限の長い理論をベースに,賞味期限の短い理論を使い分ける
 慢性的に続く痛み≠慢性痛症

5章 痛みという構造理解のための切り口(志向性)
 ここでいう“切り口”とは
 痛みに関する様々な切り口
  客観的実在としての“感覚”
  痛みと抑うつ
  オペラント学習
  アレキシサイミア
  転換性ヒステリー(転換性障害)
  認知の歪み
  痛がりの遺伝子
  痛みの感じ方=閾値
  痛みを引き起こす社会背景
  痛みの“意味”
  愛は痛い人を救う?

6章 治療論に入る前に―「他者承認の原理」を知る
 治療論に入る前に
  原理を実践に落とし込むための乗り越えるべき壁
  「信じる」こと,「覚える」ことの不安定さ
 人間関係の原理としての他者承認
  他者とは何か~フッサールとレヴィナスの「他者論」より
  他者承認の原理~他者からの応答により他者が生起する
 対人援助の原理としての他者承認
  援助する者とされる者との不均衡さを認めよう
  ある医学生との対話から~他者承認の原理を身につけるには
  ユマニチュード~臨床における他者承認の具体的な現れ

7章 原理を実践に活かす-構造構成的慢性痛症治療
 志向を捉えて“よき”構造を構成する
 痛みの意味づけを変えるということ~中村さんの例より
  構造(痛み)に働いている志向(背景,意味づけ)を探る
  痛みの意味づけを変えていく
 構造をなくしてしまうのではなく,構造を望ましいものに構成しなおす
 治療関係の“形”をつくる
  形(1)「まな板の上の鯉」スタイル
  形(2)「いっしょに痛みをやっつけよう」スタイル
  形(3)「私はあなたのガイド」スタイル
  鍼灸治療は「ガイド」スタイル?
 診断名をつけない!?
  診断名=名づけをしない
  名づけは恣意的である
  診断名は思考をしばる
 構造を意識させる~どんな言葉を投げかけるか
  「痛みの悪循環を断つ」
  「痛みの記憶(記憶としての痛み)」
  「現に痛みはある」
  「梅干しを想像してみて」
  「うまくやれていますね」
 契機としての薬物療法
  薬物療法は契機である
  以前効かなくても,今なら効くことがある
  対病名ではない薬剤選択
  薬剤をいつやめるか~オピオイドを例として
  薬物療法はバランスゲーム
 構造構成的慢性痛症治療の実践例
 nihilistic painの解明~これからの展望として
  現代人のニヒリズム
  痛みの臨床で見られるニヒルさ~nihilistic pain
  これからの展望~ニヒルさの緩和の効能は医療に限らない

あとがき
謝辞