医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪OS NEXUS6≫

脊椎固定術【電子版】

これが基本テクニック

西良 浩一 (担当編集委員)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7711-9
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
198ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,800 (本体¥10,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1385-8
印刷版発行年月
2016/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
94 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

脊椎に行われる2大手術のひとつ「脊椎固定術」を取り上げ,基本の器具(スクリュー,フック,補強材料のテープ)の使い方と,母床(移植骨を設置する場所)の作製法などの固定術に欠かせない基本テクニックから,頚椎,腰椎それぞれに対する代表的な術式を明確に,精緻なイラストでビジュアルに解説。(頚椎では,形状が大きく異なる「C1,C2」と「C3〜C6」に行われる手技と注意点を詳述。腰椎では,後方固定術の定番であるPLIF(後方進入腰椎椎体間固定術),低侵襲のTLIF(片側進入腰椎後方椎体間固定術),TLIFをさらに低侵襲にした Mini -open TLIF,経皮的進入法(PPS)など,必要な術式のポイントを明記。)
固定術は後方アプローチで行われることが多いが,適応によっては有効な「前方固定術」についても掲載している。

目次

I 固定術に欠かせない基本テクニック
 頚椎椎弓根スクリューの挿入法  湯川泰紹  
 胸椎・腰椎椎弓根スクリューの挿入法  渡辺航太
 Subparsネスプロンテーピング法  腰椎変性側弯症手術(矯正固定術)において  村瀬正昭
 フックの掛け方,選び方  渡邊 慶  
 移植骨母床作製(後側方,椎体間)と各種人工骨の特徴  戸川大輔

Ⅱ 頚椎固定術の基本テクニック
 C1-C2固定術 Magerl法  時岡孝光  
 C1-C2固定術 Goel法  水谷 潤  
 C1-C2固定術 クロッシング・C2ラミナスクリュー  高田洋一郎 
 C3-C6頚椎外側塊スクリュー Roy Camille法  東野恒作  
 C3-C6固定術 Magerl法  三代卓哉  
 頚椎椎体亜全摘 前方除圧固定術  宮本 敬  

Ⅲ 腰椎固定術の基本テクニック
 TLIF(経椎間孔的腰椎椎体間固定術)  篠原 光ほか  
 腰椎変性疾患に対するPLIF  大和田哲雄   
 Mini-open TLIF  森平 泰ほか  
 CBT(cortical bone trajectory)の基礎  松川啓太朗ほか 
 PPS(percutaneous pedicle screw,経皮的椎弓根スクリュー)の基礎  佐藤公治
 腰椎前方固定術 前側方アプローチ(腹膜外路)  大鳥精司ほか 
 腰椎前方固定術 前方アプローチ(経腹膜法)  大鳥精司ほか