医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

こんなに役立つ肺エコー【電子版】

救急ICUから一般外来・在宅まで

鈴木 昭広 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7203-9
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
128ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

特記事項
このコンテンツには動画が収録されています。
【ダウンロード型配信】動画は専用ビューア内で再生可能です。コンテンツ容量が大きいためダウンロードに時間がかかりますのでご注意ください。
【アクセス型配信】動画はメジカルビュー社ウェブサイトのストリーミング配信で閲覧してください。
印刷版ISBN
978-4-7583-0387-3
印刷版発行年月
2015/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
138 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

気胸の診断では第1選択となっており,救急の現場においては特に重要視されている肺エコー。肺水腫と気胸の鑑別や肺炎の診断,さらに,肺超音波で過剰な液体の貯留を確認することで心不全の早期発見も可能となる。また,携帯型エコーで容易に見られるため,開業医や高齢者の在宅医療,当直時の救急対応にも役立ち,活用の場も広い。本書では,肺自体ではなく,肺の表面を覆う胸膜の動きを見る肺エコーの撮り方,読み取り方等をコンパクトにまとめ,だれでも簡単に肺エコーが撮れるようになるコツとテクニックを34本の動画も交えて紹介。(動画は本電子版では端末から視聴可能です)

目次

基礎編
01 プローブの選択と基本画像の描出方法 鈴木昭広
 1 プローブの種類と特徴
 2 プローブの持ち方と基本操作
 3 必要最低限のノボロジー

02 超音波画像の描出ルール 鈴木昭広
 1 画像のオリエンテーションはとても大事
 2 大原則:超音波画像はCTと同じように表示する
 3 プローブの目印と,画面の目印の関係に注目しよう

03 肺エコー所見の原理 田中博志
 1 確認:X線画像と超音波画像の違い
 2 超音波の反射率:画面上の白はなに?黒はなに?
 3 肺エコー基本画像
 4 多重反射(A-line)
 5 肝臓のミラーイメージ

04 正常:lung sliding(Bモード) 丹保亜希仁
 1 胸膜ラインの動きをみる〜lung sliding 〜
 2 lung slidingはどのプローブで観察するか
 3 参考所見!?カラードプラでpower slidingを見てみよう

05 正常:seashoreサイン 飯塚悠祐,野村岳志
 1 seashoreサインとはなにか?…
 2 seashoreサインはどのようなときに有用か
 3 プローブごとのseashoreサインの見え方の違い
 4 seashoreサイン描出の際のピットフォール

06 正常:lung pulse(Bモード) 大宮浩揮
 1 lung pulseは心拍動が胸膜まで伝わって生じる振動をとらえたものである
 2 lung pulse観察に最適なプローブは?
 3 lung pulseが認められれば,その部位における気胸を否定できることが最も重要である 38

07 正常・異常:A-line(Bモード・Mモード) 貝沼関志,青山 正
 1 A-lineはどのような病態で描出されるか
 2 A-lineができるわけ

08 B-line 鈴木昭広
 1 B-lineの本態は細かな多重反射アーチファクト
 2 B-lineは胸膜から縦に伸びるレーザー光のイメージ
 3 正常・異常の見きわめ方は?
 4 B-line観察に最適なプローブは?

09 胸水(curtain sign,spine sign) 小山洋史,野村岳志
 1 胸水をチェックするにはエコー検査が一番!!
 2 胸水を探すのに適したプローブは?
 3 描出のコツ
 4 エコーで見える胸水の性状は?

10 異常:PLAPS 吉田拓生
 1 posterolateral alveolar and/or pleural syndrome(PLAPS)とは?
 2 PLAPS 〜ギラギラと光る肺〜
 3 描出場所
 4 プローブ選択
 5 具体的にどのように活用するか

アドバンス編
01 気胸 診断フローチャート 田中博志
 Case 60歳代男性,腹腔鏡下胆のう摘出術術中
 1 気胸診断
 2 lung point
 3 フローチャート

02 diffuse A-line,no PLAPS 小山洋史,野村岳志
 Case 心疾患既往のある80歳代男性

03 肺水腫 鈴木昭広
 Case 老人保健施設入所中の80歳代女性

04 肺炎 吉田拓生
 Case 呼吸苦で救急来院した50歳代男性

05 間質性肺炎 貝沼関志,青山 正
 Case 70歳代男性
 1 肺エコーにおける間質症候群
 2 間質性肺炎を,ISの中から鑑別することはできるか

06 血胸(外傷事例) 丹保亜希仁
 Case 交通外傷の70歳代男性
 1 血胸
 2 肋骨骨折
 3 肺挫傷

07 急性肺血栓塞栓症 大宮浩揮
 Case 帝王切開術後の30歳代女性

08 BLUE protocol,FALLS protocol  飯塚悠祐,野村岳志
 1 BLUE protocol
 2 FALLS protocol

09 胸膜に接する肺疾患と胸膜疾患 浜崎直樹
 1 胸壁から肺までの解剖の理解
 2 胸膜に接する肺疾患や胸膜疾患に対する超音波Bモード診断
 3 パワードプラ法やB-flow colorによる血流診断
 4 造影超音波検査について

10 Pitfall:皮下気腫,横隔膜損傷,胃 丹保亜希仁
 Case1
 Case2
 Case3
 Case4
 Case5

11 横隔膜機能の評価 長島道生
 1 横隔膜を超音波で見てみよう
 2 2つのアプローチ

12 食道挿管,片肺挿管など 田中博志
 1 片肺挿管
 2 食道挿管
 3 気管挿管

Editor's column
 超音波は本当に非侵襲的なのか?
 まだまだ一般的ではないpoint of care超音波
 小型化が進む超音波装置
 進化していく超音波装置
 超音波ワークショップに参加してみよう!