医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

漢方治療の診断と実践【電子版】

漢方水嶋塾講義録

水嶋丈雄 (著)

水嶋クリニック院長

出版社
三和書籍
電子版ISBN
978-4-86251-217-8
電子版発売日
2017/03/06
ページ数
410ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,554 (本体¥4,140+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86251-136-2
印刷版発行年月
2012/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本書は、医師向けの漢方塾の講義録である。 漢方といっても日本漢方の流派や中医学のやりかたなど、さまざまな方法論がある。本書では、臨床に携わる医師のために、現代医学からみた漢方のとらえ方と、日本や中国のそれぞれのやり方について、その長所と短所を網羅して解説している。

目次

第1章 漢方診療の実際 診断学(その1)
 1-1 漢方治療の良い適応─BRMとしての補剤
 1-2 自律神経と白血球
 1-3 その他の薬
 1-4 漢方診断学
 1-5 舌診
 1-6 脈診
 1-7 風邪の脈
 1-8 渋脈・弦脈
 1-9 腹診
 1-10 柴胡剤
 1-11 横隔膜の可動域
 1-12 補剤の機能と使用法
 1-13 民間薬の評価
 1-14 人参・黄耆・白朮(蒼朮)・甘草
 1-15 十全大補湯
 1-16 補中益気湯
 1-17 人参養栄湯
 1-18 十全大補湯と補中益気湯の使い分け
[質疑応答]

第2章 漢方診療の実際 診断学(その2)
 2-1 舌診・脈診・腹診の特徴
 2-2 虚熱を取る滋陰降火湯・滋陰至宝湯
 2-3 舌診─水毒─利水剤と利尿剤
 2-4 舌診─歯型と嫩舌
 2-5 舌診
 2-6 腹診
 2-7 胸脇苦満
 2-8 腹診
 2-9 脈診
 2-10 膵臓
 2-11 陽の脈,陰の脈
 2-12 傷寒中風
 2-13 脈の浮沈
 2-14 陽浮にして陰弱
 2-15 経方理論を読み解く
[質疑応答]

第3章 太陽病について(感冒の漢方治療)
 3-1 風邪と漢方薬
 3-2 リンパが多い人の風邪
 3-3 ストレスが多い人の風邪
 3-4 厥陰病,霍乱病
 3-5 桂枝湯
 3-6 桂枝加朮附湯・桂枝加桂湯
 3-7 桂枝加竜骨牡蛎湯
 3-8 黄耆建中湯
 3-9 桂枝湯投与のポイント
 3-10 桂枝加芍薬増量群
 3-11 苓桂朮甘湯
 3-12 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
 3-13 桂枝加附子湯・桂枝加黄耆湯
 3-14 桂枝加葛根湯・桂枝加厚朴杏仁湯・桂枝加竜骨牡蛎湯
 3-15 麻黄湯
 3-16 麻黄附子細辛湯・小青竜湯・越婢加朮湯
 3-17 葛根湯
 3-18 桂麻各半湯
 3-19 麻黄湯と桂枝湯
 3-20 症例
[質疑応答]

第4章 時間医学とは(漢方の時間医学)
 4-1 時間医学
 4-2 時間医学と漢方
 4-3 釣藤散
 4-4 時間医学の漢方への応用
 4-5 漢方の4大分類─附子のグループ
 4-6 四逆湯・清暑益気湯その他
 4-7 真武湯の特徴
 4-8 石膏のグループ
 4-9 柴胡剤のグループ

第5章 少陽病について(柴胡剤の用い方)
 5-1 外的因子に対する守り神
 5-2 現代医学と柴胡剤の違いは何か
 5-3 リンパ球の分類
 5-4 少陽病の基本
 5-5 小柴胡湯
 5-6 少陽病について
 5-7 大柴胡湯
 5-8 柴胡桂枝湯・柴胡清肝湯
 5-9 柴胡加竜骨牡蠣湯・抑肝散
 5-10 四逆散
 5-11 柴胡桂枝乾姜湯
 5-12 まとめ



第6章 利水剤について(五苓散の用い方)
 6-1 水(津液)の概念
 6-2 水滞による病症
 6-3 外燥と内燥
 6-4 五苓散の働き
 6-5 外痰と内痰
 6-6 パーキンソン病の漢方治療
 6-7 五苓散の基本
 6-8 五苓散
 6-9 茵蔯五苓散
 6-10 苓桂朮甘湯
 6-11 苓桂甘棗湯・苓桂味甘湯
 6-12 苓桂甘棗湯
 6-13 苓姜朮甘湯
 6-14 防已黄耆湯
 6-15 防已茯苓湯
 6-16 茯苓飲
 6-17 小半夏加茯苓湯
 6-18 分消湯・当帰貝母苦参丸・呉茱萸湯・その他
 6-19 猪苓湯・五淋散
 6-20 清心蓮子飲
 6-21 竜胆瀉肝湯
[質疑応答]

第7章 黄連グループの臨床(実証の胃腸疾患)
 7-1 黄連(瀉心湯)グループ
 7-2 半夏瀉心湯
 7-3 三黄瀉心湯
 7-4 黄連解毒湯 その他
 7-5 高血圧症の漢方
 7-6 生姜瀉心湯
 7-7 甘草瀉心湯
 7-8 附子瀉心湯
 7-9 黄芩湯
 7-10 黄連湯
 7-11 梔子豉湯
 7-12 ウイルス性胃腸炎その他
 7-13 偽アルドステロン症について

第8章 参耆剤の運用(虚証の胃腸疾患)
 8-1 人参剤について
 8-2 金元四大家
 8-3 脾胃の診断
 8-4 人参湯
 8-5 呉茱萸湯
 8-6 四君子湯
 8-7 六君子湯
 8-8 柴芍六君子湯
 8-9 化食養脾湯
 8-10 八珍湯
 8-11 十全大補湯
 8-12 人参養栄湯
 8-13 補中益気湯
 8-14 清暑益気湯
 8-15 帰脾湯
 8-16 防已黄耆湯
[質疑応答]

第9章 滋陰剤の運用(老年疾患と呼吸器疾患)
 9-1 滋陰剤とは
 9-2 補腎剤について
 9-3 漢方における腎の働き
 9-4 腎虚
 9-5 八味地黄丸
 9-6 牛車腎気丸
 9-7 地黄丸の応用
 9-8 六味丸
 9-9 知柏六味丸
 9-10 清心蓮子飲
 9-11 肺の滋陰剤
 9-12 麦門冬湯
 9-13 清肺湯
 9-14 滋陰降火湯
 9-15 滋陰至宝湯
 9-16 竹筎温胆湯
 9-17 慢性呼吸器疾患
 9-18 風邪症候群に対する漢方
 9-19 遷延性咳嗽
[質疑応答]

第10章 気剤(心身症の漢方)
 10-1 心身症とは
 10-2 心身症の種類
 10-3 自律神経失調症
 10-4 不安障害と気分障害
 10-5 セロトニンとは
 10-6 心身症レベル
 10-7 依存はなぜ起こるのか
 10-8 仮面うつ病
 10-9 自律神経を調整する漢方
 10-10 桂枝人参湯
 10-11 四逆散
 10-12 『勿誤薬室方函口訣』と『勿誤薬室方函』
 10-13 抑肝散
 10-14 釣藤散
 10-15 自律神経失調症を克服するには
 10-16 抗不安の漢方薬
 10-17 大承気湯
 10-18 黄連解毒湯
 10-19 加味逍遥散
 10-20 三黄瀉心湯
 10-21 柴胡加竜骨牡蛎湯
 10-22 桂枝加竜骨牡蛎湯
 10-23 柴胡桂枝乾姜湯
 10-24 不安が強いとき
 10-25 うつに対する漢方薬
 10-26 半夏厚朴湯
 10-27 香蘇散
 10-28 奔豚湯
 10-29 肘後方
 10-30 疲れたときは
 10-31 睡眠効果のある漢方
 10-32 酸棗仁湯
 10-33 甘麦大棗湯
 10-34 加味帰脾湯
 10-35 竹筎温胆湯
 10-36 不眠には
 10-37 チック
 10-38 過換気症候群
 10-39 過敏性腸症候群
 10-40 機能性胃腸障害
 10-41 気管支喘息
 10-42 五月病
 10-43 月経随伴症状
 10-44 更年期障害
 10-45  性更年期障害
 10-46 摂食障害
 10-47 舌痛症
 10-48 繊維筋痛症
 10-49 慢性疲労症候群
 10-50 夜尿症
 10-51 癇癪持ち
 10-52 半夏厚朴湯・香蘇散
 10-53 症状から見た心身症
 10-54 カウンセリングの基本
 10-55 行動療法
 10-56 笑顔が一番

第11章 婦人科不定愁訴群の漢方治療
 11-1 不定愁訴
 11-2 加味逍遥散
 11-3 抑肝散
 11-4 柴胡加竜骨牡蛎湯
 11-5 柴胡桂枝乾姜湯
 11-6 桂枝加竜骨牡蛎湯
 11-7 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
 11-8 分心気飲
 11-9 清暑益気湯
 11-10 補中益気湯その他
 11-11 桃核承気湯
 11-12 清心蓮子飲
 11-13 桂枝茯苓丸
 11-14 活血化瘀薬
 11-15 活血グループ
 11-16 活血グループ(駆瘀血剤)のまとめ
 11-17 当帰剤
 11-18 当帰芍薬散
 11-19 温経湯
 11-20 婦人科漢方投与のコツ
 11-21 女神散
 11-22 香蘇散
 11-23 症状からみた心身症
 11-24 インフルエンザ対策
 11-25 更年期障害

第12章 皮膚疾患の漢方治療
 12-1 漢方の良い適応
 12-2 温病(湿疹の弁証)
 12-3 温病の方剤
 12-4 皮膚病
 12-5 漢方診断学と皮膚疾患
 12-6 漢方の基本(外的因子)
 12-7 桂枝湯グループ
 12-8 麻黄湯グループ
 12-9 附子グループ
 12-10 白虎湯グループ
 12-11 消風散
 12-12 承気湯(大黄)グループ
 12-13 茵陳蒿湯
 12-14 防風通聖散
 12-15 黄連(胃熱)グループ
 12-16 補剤
 12-17 五苓散(水毒)グループ
 12-18 温経湯
 12-19 補剤の作用
 12-20 アトピー性皮膚炎
 12-21 アトピー性皮膚炎の漢方治療
 12-22 治頭瘡一方
 12-23 当帰飲子
 12-24 十味敗毒湯
 12-25 アトピー性皮膚炎の漢方治療2
 12-26 加味逍遥散
 12-27 皮膚疾患と漢方
 12-28 TH2抑制剤としての漢方
[質疑応答]

◆保険適応漢方エキス剤一覧
◆保険で使える漢方用生薬一覧
索引