医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪眼科臨床エキスパート≫

眼形成手術【電子版】

眼瞼から涙器まで

吉村 長久 (他編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62811-2
電子版発売日
2017/03/20
ページ数
480ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥19,440 (本体¥18,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02811-0
印刷版発行年月
2016/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
834 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

眼科診療のエキスパートを目指すための好評シリーズの1冊。眼瞼・眼窩・涙器の形成手術を幅広く取り上げ、手技の実際を多数の写真・シェーマを用いて詳細に解説。手術適応、初診時の診察、術前検査、合併症対策、術後管理など、眼形成手術に関する情報を網羅した。患者説明や専門医への紹介に役立つ「一般眼科医へのアドバイス」を各項目に掲載。すべての眼科医が知っておきたい眼形成手術の最新知識をまとめた、待望の成書。

目次

第1章 総説
 眼形成手術の診療概論
    I.眼形成手術の目標
    II.眼瞼・眼窩・涙道の解剖・機能と病態
    III.検査法と手術適応の評価
    IV.麻酔,手術器機や材料,手術の基本手技
    V.代表的な疾患における術式の種類とその選択
    VI.術後の経過観察

第2章 総論
 I 眼瞼
  A 対象となる疾患概説
  B 眼瞼の解剖
  C 初診時の外来診察-どう診てどう考えるか
  D 診断・治療に必要な検査
  E 眼瞼の形成手術概説
 II 眼窩
  A 対象となる疾患概説
  B 眼窩の解剖
  C 初診時の外来診察-どう診てどう考えるか
  D 診断・治療に必要な検査
  E 眼窩の形成手術概説
 III 涙道
  A 対象となる疾患概説
  B 涙道の解剖
  C 初診時の外来診察-どう診てどう考えるか
  D 診断・治療に必要な検査
  E 涙道の形成手術概説
  Topics
   眼窩壁骨折に用いる留置物
   抗がん剤の涙小管閉塞
   睫毛内反,睫毛乱生に対する表層U字縫合

第3章 各論
 I 眼瞼の形成手術
  A 先天眼瞼下垂:吊り上げ術
  B 先天眼瞼下垂:挙筋短縮術
  C 退行性眼瞼下垂:挙筋群短縮術
  D 退行性眼瞼下垂:Muller Tuck法(西條原法)
  E 退行性眼瞼下垂:挙筋短縮術
  F 先天睫毛内反:通糸法
  G 先天睫毛内反:皮膚切開法
  H 退行性眼瞼内反:Jones法,柿崎法
  I 退行性眼瞼内反:Wheeler-Hisatomi法
  J 睫毛乱生,睫毛重生
  K 内眼角贅皮
  L 眼瞼外反症:KS法,LTS
  M 眼瞼後退
  N 眼瞼裂傷
  O 上眼瞼皮膚弛緩:瞼縁切開
  P 眼瞼皮膚弛緩:眉毛下皮膚切除
  Q 顔面神経麻痺(眉毛下垂と眼瞼外反)
  R 悪性腫瘍切除後の眼瞼再建
  S Baggy eyelid
  T 涙腺脱臼の整復
 II 眼窩の形成手術
  A 下壁骨折:再建術
  B 下壁骨折:バルーニング法
  C 内壁骨折:皮膚切開法
  D 顔面骨折(頬骨骨折)
  E 眼窩内容除去と再建
  F 義眼床形成術
  G 甲状腺眼症に対する眼窩減圧術
  H 眼窩膿瘍
  I デルモリポーマ
  J 眼窩脂肪ヘルニア
  K 視神経管骨折
  L リンパ管腫
  M 眼球摘出
 III 涙道の形成手術
  A 先天鼻涙管閉塞に対するプロービング
  B 涙嚢摘出
  C 涙小管閉塞および鼻涙管閉塞に対する涙管チューブ挿入術
  D 涙嚢鼻腔吻合術鼻外法
  E 涙嚢鼻腔吻合術鼻内法
  F 涙小管断裂に対する涙小管形成手術
  G 結膜涙嚢鼻腔吻合術(Jonesチューブ留置術)
  H 涙小管炎
  I 涙点切開術

和文索引
欧文索引