医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の診療ガイドライン【電子版】

「抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の治療及び予後に関する研究」研究班 (編集)

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98225-6
電子版発売日
2017/04/24
ページ数
76ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,160 (本体¥2,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-33181-8
印刷版発行年月
2017/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

抗リン脂質抗体症候群(APS)合併妊娠をきちんと診断し,治療しながら妊娠および出産をサポートできるだろうか.APS合併妊娠の診断と治療方法が確立しているとは言い難い現状で,本書は産科,内科,小児科などの当該領域の専門家によって作成された,診療ガイドラインである.ぜひ,臨床現場で活用いただきたい!

目次

問い合わせ先一覧
略語一覧
用語解説

第1章 本ガイドライン作成の過程と活用方法
1 ガイドライン作成の過程
2 抗リン脂質抗体症候群の概要と本ガイドラインの使い方

第2章 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の診療ガイドライン
CQ1 どのような状況において抗リン脂質抗体(aPL)を測定するのか?
 ・aPL検査についてのQ&A
CQ2 産科的APSのリスクの評価方法は?
CQ3 産科的APSのリスクにあった治療方法は?
CQ4 産科的APS母体の産後のフォローはどうするか?
CQ5 APS母体から出生した児に対する特別な治療は必要か?
CQ6 APSの臨床所見がない抗リン脂質抗体陽性者における治療方針は?
CQ6-1 APSの臨床所見がない抗リン脂質抗体陽性例(全身性エリテマトーデスを有しない場合)の治療方針は?
CQ6-2 APSの臨床所見がない抗リン脂質抗体陽性例(全身性エリテマトーデスを有する場合)の治療方針は?
CQ7 原因不明の不育症に対する抗血小板療法・抗凝固療法の考え方は?

第3章 実際の臨床で役立つ知識 ─より深く理解するために─
1 日常診療のための抗リン脂質抗体検査
2 抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の実際の管理とピットフォール
   産科医が経験する実臨床─主に若手医師へ伝えたいこと─
  内科(母性内科)医が経験する実臨床─主に若手医師へ伝えたいこと─
3 抗リン脂質抗体陽性不育症患者における低用量アスピリン療法,低用量アスピリン+ヘパリン療法,ならびにTender loving careの有効性
4 産科的抗リン脂質抗体症候群の問題点と解決方法
5 抗リン脂質抗体症候群における胎盤病理診断