医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

エキスパートに学ぶ

パーキンソン病・パーキンソニズムQ&A【電子版】

高橋 良輔 (監修)

京都大学大学院医学研究科臨床神経学 教授

出版社
南山堂
電子版ISBN
978-4-525-98235-5
電子版発売日
2017/06/19
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,020 (本体¥6,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-525-24191-9
印刷版発行年月
2017/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
214 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

実際の症例にもとづく,パーキンソン病と関連疾患の実践的な解説書が登場!各症例では,おさえておきたい知識を問う設問を神経内科専門医試験と同様の出題形式で掲載.診療方針決定のために見きわめるべきポイントを学べるほか,知識の整理にも役立つ.鑑別診断または治療法選択における,熟練者の思考プロセスがみえてくる一冊.

目次

I.序 論

i.パーキンソン病の再定義
─疾患概念の広がりとMDSの診断基準─ (高橋良輔 樽野陽亮 奥田真也 生野真嗣)
パーキンソン病の再定義の背景
パーキンソン病の新しい診断基準の構想
パーキンソン病の新しい診断基準
前駆期パーキンソン病(prodromal PD)の研究用診断基準


II .パーキンソン病と類縁疾患の鑑別

1.パーキンソン病の鑑別診断に有用なテストは? (金子 鋭)
2. パーキンソン症候群との鑑別は?─(1)       (樽野陽亮)
3. パーキンソン症候群との鑑別は?─(2)    (中西悦郎 山門穂高)
4. パーキンソン症候群との鑑別は?─(3)    (澤本伸克)
5. レヴィ小体型認知症とアルツハイマー病との鑑別は?(高坂雅之 大江田知子)
6. 病初期から易転倒性を呈する症例の鑑別とは?   (梅村敦史 大江田知子)
7. 脳血管性パーキンソニズムとの鑑別は?      (朴 貴瑛 大江田知子)
8. 大脳皮質徴候を呈する症例における鑑別とは? (梅村敦史 大江田知子)
9. 急速に進行するパーキンソン病の背景とは? (陣上直人 山門穂高)
10. 若年発症パーキンソン病の背景とは? (金子 鋭)
11. 診断における画像データの有用性とは? (高橋牧郎)


III. パーキンソン病・パーキンソニズムの運動症状の治療

1. パーキンソン病の初期治療は? (上村紀仁)
2. 若年発症患者の上肢の巧緻運動障害・筋強剛に対する有効な治療とは?(高橋牧郎)
3. ドパミンアゴニストの功罪とは? (山門穂高)
4. 進行期パーキンソン病の治療は,どのようにするか? (樽野陽亮)
5. ウェアリング・オフへの治療は,どのようにするか? (八木宏樹)
6.症状の日内変動が著しい進行期パーキンソン病に対して,どのようにL-ドパ治療をしていくべきか? (冨田 聡  大江田知子)
7.off症状に対する有効な治療とは? (金子 鋭)
8.服薬内容の変更によって生じうる症状とその対応とは? (生野真嗣 山門穂高)
9.体幹の傾きには,どのように対応するか? (丸浜伸一朗)
10.腰曲がりには,どのように対応するか?  (金子 鋭)
11.服薬内容の調整によってウェアリング・オフを改善できるか? (金子 鋭)
12.日内変動のある衝動制御障害を呈する患者に対し,どのように対応するか? (高橋牧郎)
13.高齢患者における振戦と姿勢異常への治療とは? (高橋牧郎)
14.STN-DBSを導入する際の適応判断は?  (斎木英資)
15.衝動制御障害を有する症例でのSTN-DBSの適応判断は? (斎木英資)
16.GPi-DBSを導入する際の適応判断は? (斎木英資)
17.DBSのターゲットを決定するには? (斎木英資)


IV. パーキンソン病・パーキンソニズムの非運動症状・合併症の治療とケア

1. 痛みには,どのように対応するか? (高橋牧郎)
2. 運動症状とあわせて,うつ症状の改善を図るには? (高橋牧郎)
3. どのような患者に幻覚・妄想のリスクが高いか? (梅村敦史 澤田秀幸)
4. 運動症状を改善させたいが,幻覚や妄想の悪化は避けたい場合,
どのように対応するか? (奥宮太郎)
5.多系統萎縮症で起こる声帯外転麻痺に対しては,
いつ,どのように備えるべきか? (冨田 聡  澤田秀幸)
6.開眼失行を合併した場合,どのように対応するか? (高坂雅之 澤田秀幸)
7.夜間の異常行動に対して,どのように対応するか? (朴 貴瑛  澤田秀幸)
8.病的買い物衝動には,どのように対応するか? (大江田知子 澤田秀幸)

日本語索引
外国語索引