医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

投球障害肩 こう診てこう治せ 改訂第2版【電子版】

ここが我々の切り口!

筒井 廣明 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7716-4
電子版発売日
2017/07/03
ページ数
336ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥8,424 (本体¥7,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1368-1
印刷版発行年月
2016/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
112 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

2004年に刊行された『投球障害肩 こう診て こう治せ』の改訂版。12年を経てその間,整形外科医の筒井廣明先生と理学療法士の山口光國先生が,診察室・リハビリテーション室で,講演会場で,学会場で,提供し伝え続けてきた情報とノウハウとテクニックがまとめられている。“肩は治りにくい” “肩はわかりにくい” という声に対して,正しい知識と細やかなアプローチで投球障害肩は治る!ということをわからせてくれる書籍。
投球障害肩を究めた筒井先生と山口先生からの篤いメッセージがここに集結!

目次

肩を知る  筒井廣明
 肩関節の研究からわかった事実

投球障害肩を診る  筒井廣明
 肩を診る前の心得   
 投球障害肩の病態
 投球障害肩の画像所見
 投球障害肩の病態診断テスト
 病態から診断・治療への考え方

理学所見でみつける投球障害肩の治療法  筒井廣明
 理学所見をとる重要性
 投球動作に必要な身体機能
 身体各部から影響を受ける肩
 投球動作におけるイメージとの差

Dr.筒井の投球障害肩外来  筒井廣明
 患者さんを診察する目的
 右投げ投手の理学所見
 手術する,しないはどう判断するか

投球障害肩に対する理学療法の考え方  山口光國
 セラピーの基本原則
 理学療法の役割
 理学療法にかかわる他因子

投球障害肩に対する実際の評価  山口光國
 可動域
 筋力・筋活動
 疼痛
 投球動作
 投球における注意すべき基礎知識
 肩関節の運動における注意点
 体表からの観察 
 理学的評価の実際

投球障害肩に対する理学療法の実際  山口光國
 物理療法
 徒手療法
 体操療法

実際の投球を踏まえた対応  山口光國
 投球動作の分析
 投球動作を踏まえたトレーニング
 投球の基礎知識 投球で使われる用語
 投球の基礎知識 ボール
 投球の基礎知識 グローブ

プロから伝授!投球テクニック  牛島和彦,山口光國
 各種ボールの握り方