医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

呼吸器疾患-最新の薬物療法-2【電子版】

2. 感染症・免疫アレルギー・びまん性肺疾患ほか

川名 明彦 (他編)

出版社
克誠堂出版
電子版ISBN
978-4-7719-6019-0
電子版発売日
2017/08/07
ページ数
256ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,452 (本体¥6,900+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7719-0473-6
印刷版発行年月
2017/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
52 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

呼吸器疾患の日常診療に役立つ、最新の知見を盛り込んだ薬物療法の手引き書。感染症,喘息,COPD,間質性肺炎など多岐にわたる呼吸器疾患の薬物療法をこの1冊で。

目次

I 呼吸器感染症
第1章 抗菌薬
 1.市中肺炎における一般的な抗菌薬治療について
 2.院内肺炎における一般的な抗菌薬治療について
 3.耐性菌感染症に対する抗菌薬開発の現状
第2章 抗結核・非結核性抗酸菌薬
 1.結核の一般的な治療および潜在性結核感染症治療指針について
 2.多剤耐性結核菌に対する治療について
 3.各種NTMに対する治療,および生物学的製剤を要するRA患者に対する対応を含めて
第3章 抗真菌薬
 1.肺真菌症(アスペルギルス,クリプトコックス)に対する治療
 2.ニューモシスチス肺炎に対する治療
第4章 抗ウイルス薬(インフルエンザ,サイトメガロウイルスなど)
 1.抗インフルエンザ薬の種類と使い分け
 2.サイトメガロウイルスその他の呼吸器ウイルスに対する治療

II 気管支喘息
第1章 治療アルゴリズムについて
第2章 吸入ステロイド薬(各種吸入薬のデバイスも含めた特徴,使い分け)
第3章 長時間作用性β2刺激薬(LABA)
第4章 抗アレルギー薬(LTRA,Th2サイトカイン阻害薬,TXA2阻害薬)
第5章 その他の内服薬(テオフィリン製剤・β2刺激薬など)
第6章 モノクローナル抗体
第7章 増悪期の治療

III COPD
第1章 治療アルゴリズムについて
第2章 吸入抗コリン薬
第3章 その他の吸入薬(LAMA/LABA, LABA, ICS)
第4章 内服薬(テオフィリン製剤,去痰薬,マクロライド系抗菌薬)
第5章 急性増悪時の治療

IV 間質性肺炎
第1章 特発性間質性肺炎(IIPs)の分類
第2章 ステロイド薬(各種IIPsにおけるステロイド薬の適応と臨床成績)
第3章 免疫抑制薬(各種IIPsにおける免疫抑制薬の適応と臨床成績)
第4章 抗線維化薬(ピルフェニドン,ニンテダニブ)
 抗線維化薬の適応,臨床成績と今後の展望
第5章 膠原病肺の分類と治療薬
第6章 その他の間質性肺炎(過敏性肺炎,薬剤性間質性肺炎,放射性肺炎)

V 肺高血圧症
第1章 肺高血圧症の臨床分類と重症度分類
第2章 重症度に応じた各種治療薬の治療成績・使用法(併用含む)

VI 肺血栓塞栓症(急性)
第1章 抗凝固療法薬
第2章 血栓溶解療法薬

VII その他の呼吸器疾患
第1章 サルコイドーシス/多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)
第2章 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)
第3章 リンパ脈管筋腫症
第4章 肺胞蛋白症(肺胞蛋白症の治療とGM-CSF吸入療法の今後の展望)