医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

苦い経験から学ぶ!緩和医療ピットフォールファイル【電子版】

森田 達也 (編)

聖隷三方原病院 緩和支持治療科

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24142-2
電子版発売日
2017/08/21
ページ数
238ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25979-3
印刷版発行年月
2017/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
160 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

緩和医療における失敗事例を分析することで、臨床に役立つ知識と技能を磨くことができるケースファイル集。経験豊富な医師や看護師をはじめとした緩和ケアのエキスパート陣が、自身の苦い経験に基づく教訓をレクチャー。多岐にわたる失敗事例を読み進めるごとに、緩和ケアの思いがけない「落とし穴」に気づくコツと視点を身につけることができる。

目次

【内容目次】
第1章 痛み・その他の症状のマネジメントにまつわる失敗
 A 見逃していた!この病態
  Case1.下肢の痺れにトリプタノールR.ふらつくと思っていたら
  Case2.胃がんでの下肢筋力低下.脊髄圧迫がないけど原因は?
  Case3.食欲も活気もないのは,落ち込んでいるため?オピオイドのため?
  Case4.吐き気と思っていたら
  Case5.肩こりと頭痛の原因は
  Case6.せん妄が改善しない理由は
  Case7.便秘がよくならない理由は
  Case8.全身状態がどんどん悪くなっていく理由は
  Case9.転倒リスクが高くても「自分でトイレに行きたい」
 B 薬剤による思わぬ落とし穴
  Case10.痛みの緩和のために廊下をウロウロしていると思っていたら
  Case11.パニック障害による過呼吸症候群と思っていたら
  Case12.「顔が洗えない」のは体力低下のせい?
  Case13.高熱,赤色尿,意識障害は感染症のせいと思っていたら
  Case14.利尿薬で胸痛発作!?
  Case15.分泌抑制薬で喘鳴は軽減したが
  Case16.ミオクローヌス治療でパーキンソニズムまで改善して
  Case17.鎮静開始し,朝に薬剤を止めたら
 C 痛みのマネジメントにまつわる失敗
  Case18.持続痛と思っていたら
  Case19.アブストラルR開始量の盲点
  Case20.オピオイド増量で痛みが増強?
  Case21.抗がん薬治療中に呼吸抑制が発生
  Case22.抗がん治療後のオピオイドの退薬症状
  Case23.放射線治療中に痛みが増強
第2章 患者・家族,医療従事者間でのコミュニケーションにまつわる失敗
 A 人によって受け取り方の異なる言葉
  Case24.「状態が悪化しています」
  Case25.「何をしてもいいですよ」105
  Case26.「様子を見ましょう」
 B 「ものには理由がある」~患者・家族の真意(ニーズ)を捉え損ねた失敗~
  Case27.「経鼻胃管を抜きたい!」と繰り返した患者
  Case28.「あなたに私のつらさは分からない」
  Case29.「抗がん治療を続けたい」その言葉を言わせたのは私たち?
  Case30.「痛みをゼロにしたいわけではない」
  Case31.「つらい治療はしたくない」
  Case32.「抗がん薬は止めたい」
  Case33.「本人が不安を感じています」は本当?
  Case34.「こんなはずじゃなかったのに」
 C あと少し必要だった配慮
  Case35.「あなただけに話したつもりだったのに」
  Case36.せん妄を疑い,簡易テストを行ったら
  Case37.沈黙がうまくできなくて
  Case38.「奇跡」を願ってはダメですか?
 D 「何もしてくれない」という家族の思い
  Case39.「口から食べさせたい」
  Case40.「モニター装着で異常の早期発見をしてほしい!」
  Case41.「苦しそうなのに,最期に何もしてくれなかった」
  Case42.心肺停止後に心臓マッサージを始めた家族
 E 患者と家族の間で
  Case43.「患者の傍にいる家族の言葉を信じて!」
  Case44.鎮静-患者と家族の希望,どちらを優先?
  Case45.「転院したので早く亡くなってしまった」と憤る家族
  Case46.「もっと痛みのとれる治療はないの?」
 F 予後,ACPにまつわる失敗~いつなのか,今なのか~
  Case47.「予後を訊きたい」と言われたが
  Case48.緩和ケア外来の話をしたら
  Case49.外来にて緩和ケア病棟を紹介したら
  Case50.本人に予後の説明ができないまま
 G 「間に合う/間に合わない」~見極めの難しい看取りのタイミング~
  Case51.まさか今日亡くなるとは
  Case52.付き添わないと看取りに間に合わない可能性があるなんて
  Case53.最期が近いと家族に伝えたものの
 H 異なる立場間でのコミュニケーション
  Case54.複数の病院で治療を受ける患者,誰が主治医?
  Case55.在宅医や訪問看護とのすり合わせ:依頼だけでは連携にならない
索引