医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

複雑病変に挑むEVT最新テクニック【電子版】

Tokeidai style

浦澤 一史 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/09/25
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥8,100 (本体¥7,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1411-4
印刷版発行年月
2013/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

近年,インターベンション治療の中で,最も進化が著しく注目されているのが末梢血管治療(endovascular therapy:EVT)である。要因は多岐に渡るが,その中でも超高齢社会や食生活の欧米化等により動脈硬化疾患(糖尿病等)が増加した点,末梢動脈疾患患者の予後が悪く,心血管合併症を引き起こす可能性が高いことがあげられる。糖尿病患者は「重症下肢虚血」になる可能性が高く,また,冠動脈病変を有する多くの患者が末梢動脈疾患に罹患しているとの指摘もある。
そのため,現在,EVT治療を積極的に行う施設,医師が増えているが,熟練したテクニックを間近でみる機会も学会場でのライブデモンストレーション等に限られており,直接,エキスパートから指導を受けている医師も少ないのが現状である。
そこで本書では,EVTで著明な浦澤一史先生に,実際に先生が治療した症例を用い,EVTに対してどのように考え取り組んだらよいのか(治療法の選択,カテーテルの選択),どのテクニックを身につけたら良いのかを豊富な画像と共に徹底解説する。

目次

重症下肢虚血
ワイヤーランデブー(Wire rendez-vous)法
腸骨動脈の慢性完全閉塞病変におけるwire rendez-vous
血栓性閉塞病変に対するEVT
Side branch access
腸骨動脈の慢性完全閉塞
グリグリ君に関する質問
慢性完全閉塞,重症下肢虚血の症例
重症下肢虚血/膝下動脈の慢性完全閉塞 CVIT2010 EVTライブで担当した症例
表パンだけに頼らない ワイヤー操作に関するオプションは,複数用意しておくことが重要 
石灰化病変への通過
炭酸ガス造影
遠位部SFAの限局性病変が原因となり発生したと考えられる慢性完全閉塞病変 −SLDC2010におけるライブ症例−
血栓吸引システムについての考察
重症下肢虚血とLeriche症候群 3例の手技について
重症下肢虚血(Rutherford 5)に対するEVT
ステント内血栓性閉塞,重症下肢虚血
SFA-CTOに対する標準的治療法:antegrade wiring
重症下肢虚血(Rutherford 4)に対するEVT
重症上肢虚血
右総腸骨動脈完全閉塞 時計台トレーニングコース①
重症下肢虚血 時計台トレーニングコース②
浅大腿動脈の慢性完全閉塞(SFA-CTO) 時計台トレーニングコース③
Critical Hand Ischemia 時計台トレーニングコース④
コンプレックス症例
CLI症例に対する追加治療
経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)
炭酸ガス造影のセットアップ
右足外踝に難治性潰瘍を有する重症下肢虚血症例に対するEVT
重症下肢虚血の再発
重症下肢虚血に対するEVT
急性血栓性下肢動脈閉塞
Long SFA-CTOに対するEVT Trans-collateral wiringによるbi-directional wiring法
Short SFA-CTOに対するEVT
Ultimate CTO curve
Long SFA-CTOに対するTCA SFA-DFA分岐部にステントを留置する際に注意すべきこと
左鎖骨下動脈完全閉塞に対するEVT
Fontaine ⅢのCLI
Side brunch crossing
グリグリ君ウルトラ
高度石灰化を伴うlong SFA-CTO
大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁形成術
左右下肢の跛行
重症下肢虚血(Fontaine Ⅳ,Rutherford 5)症例に対するEVT
重症下肢虚血(Fontaine Ⅲ,Rutherford 4)症例に対するEVT
腸骨動脈・浅大腿動脈閉塞による重症下肢虚血
腸骨動脈慢性完全閉塞
右鎖骨下動脈狭窄に対するEVT
グラフト閉塞による重症下肢虚血
High tibial puncture 高位前脛骨動脈穿刺法
Trans-collateral angioplasty(TCA)
Micro-knuckle法
腸骨動脈CTOに対するEVT
下肢潰瘍が再発したCLI症例に対するEVT
左SFA-CTO 時計台EVTトレーニングコース①
左SFAのlong-CTO 時計台EVTトレーニングコース②
左SFA-mid CTO 時計台EVTトレーニングコース③
IV-IVUS
SFAおよびBTK-CTO病変によるCLI症例
残存するBTK病変に対するEVT
Poorman's outback
CFA-SFA病変に対するEVT
ATA,PTA閉塞,PA高度狭窄の重症下肢虚血
遠位部腓骨動脈穿刺による両方向性ワイヤー操作
高位前脛骨動脈穿刺と遠位腓骨動脈穿刺
Distal SFA direct puncture(表パン)の施行手順
BTK-CTOのCLI症例 時計台EVTトレーニングコース①
Long SFA-CTOの跛行症例 時計台EVTトレーニングコース②
両側腸骨動脈狭窄の跛行症例 時計台EVTトレーニングコース③
Fontaine Ⅱbの跛行症例 時計台EVTトレーニングコース④
Leriche症候群に対するEVT
急性血栓性下肢動脈閉塞(acute limb ischemia:ALI)
3度目のEVTを必要としたCLI
表パン用穿刺針の改良
Rutherford 6の右下肢潰瘍症例
横パン(Side puncture)
Poorman's outback(POB) method
ガイドワイヤーのシェイピング
横パンが有効であった浅大腿動脈慢性完全閉塞
高度石灰化病変に対するEVT
Guriguri-kun Suprime
亜急性血栓性下肢動脈閉塞症例に対するEVT
右足趾潰瘍のあるCLI症例
左鎖骨下動脈慢性完全閉塞病変に対するEVT
両側の腸骨動脈閉塞,浅大腿動脈閉塞によるCLI症例