医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

動脈硬化予防 Vol.14 No.2【電子版】

Vol.14 No.2,2015

【特集】動脈硬化と血管内イメージングの新たな活用

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/10/23
ページ数
92ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISSN
1347-7056
印刷版発行年月
2015/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
48 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

【特集】動脈硬化と血管内イメージングの新たな活用

目次

■特集:動脈硬化と血管内イメージングの新たな活用  企画・構成/廣 高史
1.Gray-scale IVUS:いまなお進化する定番技術  本江純子
2.IB-IVUSからみた動脈硬化進展のメカニズム  川崎雅規
3.IVUSで組織性状はどこまでわかるのか  内野英治
4.OCTで動脈硬化の細胞性変化がどこまで見えるのか  樽谷 玲、久保隆史、赤阪隆史
5.NIRS(near-infrared spectroscopy)で何がわかるか  高野仁司
6.光を用いた血管内イメージングの最新情報:NIRSの次は何か  田中 篤
7.血管内イメージングは病理学的組織をどれだけ反映しているのか  羽尾裕之
8.血流維持型内視鏡による大動脈評価への期待  小松 誠、大原知樹、由谷親夫、児玉和久
9.時系列信号解析の基礎:血管内イメージングを理解するために  古川翔大、内野英治

●Doctor's Talk
 血管内イメージングの未来像を探る  ホスト:廣 高史  ゲスト:髙山忠輝、寺島充康、宮内克己
●シリーズ 危険因子
 Small dense LDL  木庭新治、平野 勉
 HDL2  木庭新治、平野 勉
●シリーズ 注目される用語の解説
 プラーク内新生血管  稲葉真由美、上田真喜子