医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護におけるクリティカルシンキング教育【電子版】

良質の看護実践を生み出す力

楠見 孝 (他著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-63210-2
電子版発売日
2017/10/23
ページ数
162ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,700 (本体¥2,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-03210-0
印刷版発行年月
2017/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

看護師が自ら考え行動し、良質な看護を提供するうえで、クリティカルシンキング(批判的思考)は欠かすことのできない力の1つ。本書では、その思考力と態度の育成方法について、看護学、心理学の両分野から検討し、実践事例にもとづいて解説する。知識・技術の修得を目標とする従来の教育から、思考力・学びの態度をはぐくみ、学生自身の成長を支える教育へ。変わりゆく現場で日々模索を続けるすべての看護教育者、必携の書。

目次

はじめに

第1章 クリティカルシンキングの概念
 001 クリティカルシンキングの育成:基礎的知識
  1-1 クリティカルシンキングとは
  1-2 クリティカルシンキングの歴史的背景
  1-3 クリティカルシンキングのプロセスと構成要素
  1-4 クリティカルシンキングの態度と知識
 002 クリティカルシンキングの育成:教育実践と測定
  2-1 クリティカルシンキングの教育がなぜ必要か
  2-2 クリティカルシンキングの教育方法
  2-3 クリティカルシンキング育成のための学習活動
  2-4 クリティカルシンキングの評価
 003 実践知の獲得を支えるクリティカルシンキング
  3-1 仕事の熟達化による高度なクリティカルシンキング
  3-2 熟達化のプロセス
  3-3 仕事の熟達化における振り返り
  3-4 仕事の熟達化に及ぼす経験学習態度
  3-5 実践知を支えるスキル
 004 実践から叡智へ
  4-1 個人の発達における実践知と叡智の獲得
  4-2 叡智の獲得とクリティカルなコミュニティの形成
  4-3 すぐれた看護師を育てるために

第2章 看護教育におけるクリティカルシンキング
 001 クリティカルシンキングの観点から看護教育を思考する
 002 米国看護教育への導入
  2-1 米国看護教育への導入の背景
  2-2 看護実践の可視化
  2-3 クリティカルシンキングと看護過程の類似性
  2-4 米国看護教育評価機構による要請
  2-5 クリティカルシンキングの領域固有性と看護の独自性
 003 米国看護教育のクリティカルシンキング育成の変遷と動向
  3-1 導入-定義と測定方法の模索
  3-2 取り組みの評価-看護の独自性の明確化
  3-3 再評価-習慣と認知スキルの育成
  3-4 米国の取り組みから得られる課題と知見
 004 看護教育のマインドセット
 005 日本の看護教育におけるクリティカルシンキング
  5-1 日本における現状
  5-2 看護教育への定着の困難
  5-3 課題と新しい知見

第3章 看護教育のカリキュラム・イノベーション
     思考習慣・スキルとしての継続学習の推進と育成の方略
 001 カリキュラム変革:クリティカルシンキングの育成をめざして
 002 クリティカルシンキング・カリキュラムモデルの構築
  2-1 カリキュラム作成
  2-2 教育理念の基盤と3つの軸
  2-3 卒業時到達目標の達成プロセス
 003 学年進行に合わせたカリキュラムの構築
  3-1 クリティカルシンキング育成の基盤となるもの
  3-2 段階的な学び-クリティカルシンキングと良質思考
 004 クリティカルシンキング育成の方法
  4-1 汎用(general)アプローチを用いた事例
  4-2 導入(infusion)アプローチを用いた事例
 005 クリティカルシンキング育成を促進する概念-基盤学習

第4章 良質の看護実践とクリティカルシンキング
 001 “問う”アート
  1-1 基盤となる思考力の育成に向けたアプローチ
  1-2 専門職としての思考の育成に向けたアプローチ
  1-3 質問力を高める風土の形成
 002 クリティカルシンキングのツールとしての看護過程がめざすもの
  2-1 ツールあるいは方法としての看護過程
  2-2 看護過程の積み重ねでめざす看護の力
  2-3 看護過程とクリティカルシンキングの融合
  2-4 初学者の段階別看護過程学習と専門家・熟達者の看護実践モデル
  2-5 クリティカルシンキングに基づく看護過程モデル

終章 看護教育を超えて 看護師を支える良質の習慣的思考と良質の看護実践
 001 “良質”とは何を指すのか
 002 実践知としてのクリティカルシンキング

索引